Cancer biology and new seeds BRAF阻害薬による悪性黒色腫微小環境のparadoxical activationの分子機構

500円 (税別)

獲得ポイント 5pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】分子標的治療に対する薬剤耐性機構を解明することは、がんの治癒に向けた治療戦略においてきわめて重要なポイントである。薬剤耐性には初期薬剤耐性と獲得薬剤耐性があり、前者は主に薬剤に対する初期応答に、後者は治療経過中の腫瘍再増悪に関与している。BRAF変異を有する悪性黒色腫細胞はBRAF阻害薬に対して多彩な初期応答を呈するが、この初期応答がBRAF阻害薬による線維芽細胞の逆説的な活性化によって創り出される薬剤耐性環境によって規定されることが明らかになった。さらに、全体としては増殖を示さない悪性黒色腫細胞もこの特殊な環境内では増殖を続けていることが明らかになり、遺伝学的に強固な獲得薬剤耐性をもつ細胞の発生母地になっているものと考えられる。分子標的治療においてはがん細胞のみならず間質細胞への薬剤の影響を考慮する必要があり、腫瘍局所に形成される薬剤耐性環境を同時に標的とすることが、がんの治癒に向けた治療戦略の一翼を担うものと期待される。

※本作品は2018年4月27日で販売を終了いたします。

無料立ち読み(2ページ)

カゴに追加 500 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】分子標的治療に対する薬剤耐性機構を解明することは、がんの治癒に向けた治療戦略においてきわめて重要なポイントである。薬剤耐性には初期薬剤耐性と獲得薬剤耐性があり、前者は主に薬剤に対する初期応答に、後者は治療経過中の腫瘍再増悪に関与している。BRAF変異を有する悪性黒色腫細胞はBRAF阻害薬に対して多彩な初期応答を呈するが、この初期応答がBRAF阻害薬による線維芽細胞の逆説的な活性化によって創り出される薬剤耐性環境によって規定されることが明らかになった。さらに、全体としては増殖を示さない悪性黒色腫細胞もこの特殊な環境内では増殖を続けていることが明らかになり、遺伝学的に強固な獲得薬剤耐性をもつ細胞の発生母地になっているものと考えられる。分子標的治療においてはがん細胞のみならず間質細胞への薬剤の影響を考慮する必要があり、腫瘍局所に形成される薬剤耐性環境を同時に標的とすることが、がんの治癒に向けた治療戦略の一翼を担うものと期待される。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧26冊の書籍

1~26件/26件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。