Cancer biology and new seeds がん抑制因子のがんニッチ細胞における機能

500円 (税別)

獲得ポイント 5pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】がん抑制因子は古典的には細胞の増殖を抑制したりアポトーシスを誘導する因子群を指すが、その研究のほとんどはがん細胞内における細胞自律的なメカニズムに焦点が当たっていた。しかし近年、がん組織ではがん細胞を取り巻く周辺ニッチ細胞ががんの進展を助長していることが明らかになり、これらのがんニッチ細胞は遺伝学的あるいはエピジェネティックに変化していることが示唆されはじめている。本稿では長らくがん抑制因子として研究されてきた分子群が、がんニッチ細胞においても腫瘍の抑制に関わっているという新たな機能を概説する。驚くべきことにこれらはいずれも炎症性応答を抑制する機能をもつことが明らかになってきた。あわせて、がんニッチ細胞が腫瘍の生存や増殖を促進する形質を獲得するメカニズムおよび治療への応用についても議論したい。

無料立ち読み(2ページ)

カゴに追加 500 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】がん抑制因子は古典的には細胞の増殖を抑制したりアポトーシスを誘導する因子群を指すが、その研究のほとんどはがん細胞内における細胞自律的なメカニズムに焦点が当たっていた。しかし近年、がん組織ではがん細胞を取り巻く周辺ニッチ細胞ががんの進展を助長していることが明らかになり、これらのがんニッチ細胞は遺伝学的あるいはエピジェネティックに変化していることが示唆されはじめている。本稿では長らくがん抑制因子として研究されてきた分子群が、がんニッチ細胞においても腫瘍の抑制に関わっているという新たな機能を概説する。驚くべきことにこれらはいずれも炎症性応答を抑制する機能をもつことが明らかになってきた。あわせて、がんニッチ細胞が腫瘍の生存や増殖を促進する形質を獲得するメカニズムおよび治療への応用についても議論したい。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧26冊の書籍

1~26件/26件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。