Cancer biology and new seeds がん抑制遺伝子による細胞と個体老化の制御

500円 (税別)

獲得ポイント 5pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】がん抑制遺伝子として知られるp16INK4aはさまざまなストレスに応答して発現し、細胞周期のストッパーであるRBを活性化させることで不可逆的な増殖停止である細胞老化を誘導する。一方、p16INK4aは老齢マウスの組織幹細胞で高発現しており、組織幹細胞に細胞老化を誘導することで個体老化を促進しているのではないかとも推測されてきた。この仮説を証明する最も直接的な方法はp16INK4aの機能を阻害した場合に個体の最大寿命が延長することを示すことであるが、p16INK4aを欠損したノックアウトマウスはさまざまな組織にがんを発症して早期に死亡するため、p16INK4aと個体老化との関係については依然として不明なままであった。そこで筆者らのグループは、ヒト早発性老化症候群のモデル動物であるklothoマウスを用いてp16INK4aの個体老化への関与を証明しようと試みたところ、がん抑制遺伝子p16INK4aは、転写因子E2Fを介して抗老化遺伝子α-klothoの発現を抑制的に調節し、個体老化を制御しているという新たなメカニズムが見出された。本稿では、がん抑制遺伝子による個体老化の制御機構について、最新の発見を交えて概説する。

立ち読み(2ページ)

カゴに追加 500 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】がん抑制遺伝子として知られるp16INK4aはさまざまなストレスに応答して発現し、細胞周期のストッパーであるRBを活性化させることで不可逆的な増殖停止である細胞老化を誘導する。一方、p16INK4aは老齢マウスの組織幹細胞で高発現しており、組織幹細胞に細胞老化を誘導することで個体老化を促進しているのではないかとも推測されてきた。この仮説を証明する最も直接的な方法はp16INK4aの機能を阻害した場合に個体の最大寿命が延長することを示すことであるが、p16INK4aを欠損したノックアウトマウスはさまざまな組織にがんを発症して早期に死亡するため、p16INK4aと個体老化との関係については依然として不明なままであった。そこで筆者らのグループは、ヒト早発性老化症候群のモデル動物であるklothoマウスを用いてp16INK4aの個体老化への関与を証明しようと試みたところ、がん抑制遺伝子p16INK4aは、転写因子E2Fを介して抗老化遺伝子α-klothoの発現を抑制的に調節し、個体老化を制御しているという新たなメカニズムが見出された。本稿では、がん抑制遺伝子による個体老化の制御機構について、最新の発見を交えて概説する。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧26冊の書籍

1~26件/26件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。