【選択的性ステロイドホルモン受容体修飾薬】 選択的エストロゲン受容体修飾薬と乳癌

500円 (税別)

獲得ポイント 5pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】乳癌には生物学的特性を踏まえ、いくつかのサブタイプがある。病理学的に腫瘍細胞の核にエストロゲン受容体and/orプロゲステロン受容体の発現を認める乳癌をホルモン受容体陽性乳癌といい、サブタイプとしてはluminal A、luminal B、luminal(HER2陽性)タイプに分類される。ホルモン受容体陽性乳癌ではエストロゲン受容体のシグナル伝達阻害を目的として内分泌治療が行われる。閉経前もしくは閉経後ではエストロゲンの分泌メカニズムが異なるため、使用する薬剤が異なる。閉経前では選択的エストロゲン受容体修飾薬(selective estrogen receptor modulators;SERM)と性腺刺激ホルモン放出ホルモン(luteinizing hormone releasing hormone;LHRH)アゴニスト、閉経後ではSERM、選択的エストロゲン受容体機能抑制物質(selective estrogen receptor down-regulators;SERD)およびアロマターゼ阻害薬の適応がある。

無料立ち読み(2ページ)

カゴに追加 500 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】乳癌には生物学的特性を踏まえ、いくつかのサブタイプがある。病理学的に腫瘍細胞の核にエストロゲン受容体and/orプロゲステロン受容体の発現を認める乳癌をホルモン受容体陽性乳癌といい、サブタイプとしてはluminal A、luminal B、luminal(HER2陽性)タイプに分類される。ホルモン受容体陽性乳癌ではエストロゲン受容体のシグナル伝達阻害を目的として内分泌治療が行われる。閉経前もしくは閉経後ではエストロゲンの分泌メカニズムが異なるため、使用する薬剤が異なる。閉経前では選択的エストロゲン受容体修飾薬(selective estrogen receptor modulators;SERM)と性腺刺激ホルモン放出ホルモン(luteinizing hormone releasing hormone;LHRH)アゴニスト、閉経後ではSERM、選択的エストロゲン受容体機能抑制物質(selective estrogen receptor down-regulators;SERD)およびアロマターゼ阻害薬の適応がある。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧14冊の書籍

1~14件/14件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。