【選択的性ステロイドホルモン受容体修飾薬】 選択的性ステロイドホルモン受容体修飾薬とその分子作用メカニズム

500円 (税別)

獲得ポイント 5pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】選択的性ステロイドホルモン受容体修飾薬は副作用を軽減するステロイド剤として臨床的応用が強く望まれているが、その起点は選択的女性ホルモン受容体修飾薬(selective estrogen receptor modulators;SERM)の抗骨粗鬆薬としての臨床的成功である。SERMの組織選択的エストロゲン作用の分子基盤の1つは、女性ホルモン受容体(estrogen receptor;ER)結合によって引き起こされる構造がERリガンド種によって異なることにある。1997年にはリガンド結合ER結晶蛋白の立体構造解析から証明されている。このER蛋白構造の違いは、細胞核内で物理的もしくは機能的に作用する複合体因子群との相互作用に差異を生じるため、結果的に組織特異的に異なる標的遺伝子群の発現を調整し、その結果組織選択的なSERMの薬理作用を発揮すると理解されてきた。一方、染色体の構造や機能調節を伴うエピゲノム研究の進展により、eRNAの存在、それによって引き起こされる染色体の3次元構造調節、異なる核内受容体を含む巨大複合体の存在が証明されたため、これら近直の進歩を鑑みると、SERMの組織特異的作用の分子基盤の一端を担うと考えられる。本稿では、最近のエピゲノム・エピゲノム調節におけるERの分子機能を概説することで、SERMおよび選択的性ステロイドホルモン受容体修飾薬の分子機序について概観したい。

無料立ち読み(2ページ)

カゴに追加 500 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】選択的性ステロイドホルモン受容体修飾薬は副作用を軽減するステロイド剤として臨床的応用が強く望まれているが、その起点は選択的女性ホルモン受容体修飾薬(selective estrogen receptor modulators;SERM)の抗骨粗鬆薬としての臨床的成功である。SERMの組織選択的エストロゲン作用の分子基盤の1つは、女性ホルモン受容体(estrogen receptor;ER)結合によって引き起こされる構造がERリガンド種によって異なることにある。1997年にはリガンド結合ER結晶蛋白の立体構造解析から証明されている。このER蛋白構造の違いは、細胞核内で物理的もしくは機能的に作用する複合体因子群との相互作用に差異を生じるため、結果的に組織特異的に異なる標的遺伝子群の発現を調整し、その結果組織選択的なSERMの薬理作用を発揮すると理解されてきた。一方、染色体の構造や機能調節を伴うエピゲノム研究の進展により、eRNAの存在、それによって引き起こされる染色体の3次元構造調節、異なる核内受容体を含む巨大複合体の存在が証明されたため、これら近直の進歩を鑑みると、SERMの組織特異的作用の分子基盤の一端を担うと考えられる。本稿では、最近のエピゲノム・エピゲノム調節におけるERの分子機能を概説することで、SERMおよび選択的性ステロイドホルモン受容体修飾薬の分子機序について概観したい。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧14冊の書籍

1~14件/14件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。