【新人スタッフ応援号 患者さんの「なぜ?」「どうして?」にもう困らない 糖尿病の病態・検査・治療必修キーワード80】 合併症の必修キーワード 69~75

700円 (税別)

獲得ポイント 7pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】低血糖 糖尿病患者さんが経験する低血糖に薬剤性低血糖があります。患者さんがインスリン分泌を促すスルホニル尿素(SU)薬、速効型インスリン分泌促進(グリニド)薬の服用やインスリン注射をしている場合は、とくに注意が必要です。薬の過剰摂取や過量投与、食事摂取量の低下、活動量の増加などにより低血糖を起こす危険があります。一般的に血糖値が70mg/dL以下になると、血糖値を上昇させようとする生体反応が起こり、交感神経刺激症状の冷汗、動悸、手指振戦などが現れます。さらに低血糖が進むと中枢神経のエネルギー不足に至り、中枢神経症状の頭痛、眼のかすみ、生あくびや眠気、集中力の低下などが生じて、けいれん、昏睡に至ることもあります。

無料立ち読み(2ページ)

カゴに追加 700 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】低血糖 糖尿病患者さんが経験する低血糖に薬剤性低血糖があります。患者さんがインスリン分泌を促すスルホニル尿素(SU)薬、速効型インスリン分泌促進(グリニド)薬の服用やインスリン注射をしている場合は、とくに注意が必要です。薬の過剰摂取や過量投与、食事摂取量の低下、活動量の増加などにより低血糖を起こす危険があります。一般的に血糖値が70mg/dL以下になると、血糖値を上昇させようとする生体反応が起こり、交感神経刺激症状の冷汗、動悸、手指振戦などが現れます。さらに低血糖が進むと中枢神経のエネルギー不足に至り、中枢神経症状の頭痛、眼のかすみ、生あくびや眠気、集中力の低下などが生じて、けいれん、昏睡に至ることもあります。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧21冊の書籍

1~21件/21件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。