【周産期で必要なくすり まず押さえるべき35】 総論 周産期の薬について助産師が知っておくべきこと

700円 (税別)

獲得ポイント 7pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】はじめに 4月、新たな年度となって、助産師として、研修医としてスタートを切った方が多いことだろう。また、これまで医療現場に関わってきたベテランの助産師にとっても、桜の季節は思いを新たにする時期だと思う。 本特集は「周産期で必要なくすり」と題して、まず押さえるべき35の薬について解説している。「なぜ、薬?」「なぜ35 ?」と思われるかもしれない。私たちが働いている医療現場には、数え切れないほどの薬がある。しかもそれらは、それぞれの領域で使用方法も使用目的も異なる。でも、周産期の現場で、「まずは使用する頻度の高い薬」「これだけは使用方法も使用上の注意も、まずは押さえなくてはいけない」というものがある。

カゴに追加 700 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】はじめに 4月、新たな年度となって、助産師として、研修医としてスタートを切った方が多いことだろう。また、これまで医療現場に関わってきたベテランの助産師にとっても、桜の季節は思いを新たにする時期だと思う。 本特集は「周産期で必要なくすり」と題して、まず押さえるべき35の薬について解説している。「なぜ、薬?」「なぜ35 ?」と思われるかもしれない。私たちが働いている医療現場には、数え切れないほどの薬がある。しかもそれらは、それぞれの領域で使用方法も使用目的も異なる。でも、周産期の現場で、「まずは使用する頻度の高い薬」「これだけは使用方法も使用上の注意も、まずは押さえなくてはいけない」というものがある。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧19冊の書籍

1~19件/19件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。