特別寄稿 東日本大震災後の中長期支援 経験豊かな看護職集団のボランティア活動から見えたこと

500円 (税別)

獲得ポイント 5pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】はじめに 2011年に発生した東日本大震災は,東北地方を中心に未曾有の被害をもたらし今もその傷跡は深い。現在でも東北地方における避難者は約13万6千人を超えており,未だ先の見えない過酷な状況におかれている。 発災直後から多方面からの公私にわたる支援があったことは周知の事実である。復興が速やかに進まない経過の中では,中長期に及ぶ支援が必要とされるが,継続させるためにはさまざまな困難がある。長期にわたる看護師の支援は,阪神・淡路大震災で避難所や応急仮設住宅(以下,仮設住宅)に移り住み,24時間にわたる支援活動を展開した黒田氏の活動が広く知られている。自治体と深く結び付きその中でイニシアチブをとり他職種を巻き込んだ活動は先駆的な取り組みであり,その後の災害支援活動の指針になったと言える。それは,自らの今までの職を辞してのものであり,それまでの生活を一変して支援活動に加わることは誰でもができることではなくハードルが高いことである。

無料立ち読み(2ページ)

カゴに追加 500 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】はじめに 2011年に発生した東日本大震災は,東北地方を中心に未曾有の被害をもたらし今もその傷跡は深い。現在でも東北地方における避難者は約13万6千人を超えており,未だ先の見えない過酷な状況におかれている。 発災直後から多方面からの公私にわたる支援があったことは周知の事実である。復興が速やかに進まない経過の中では,中長期に及ぶ支援が必要とされるが,継続させるためにはさまざまな困難がある。長期にわたる看護師の支援は,阪神・淡路大震災で避難所や応急仮設住宅(以下,仮設住宅)に移り住み,24時間にわたる支援活動を展開した黒田氏の活動が広く知られている。自治体と深く結び付きその中でイニシアチブをとり他職種を巻き込んだ活動は先駆的な取り組みであり,その後の災害支援活動の指針になったと言える。それは,自らの今までの職を辞してのものであり,それまでの生活を一変して支援活動に加わることは誰でもができることではなくハードルが高いことである。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧13冊の書籍

1~13件/13件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。