TE-ARTEで変わる看護・立ち返る看護 第8回 作業療法における「て・あーて」との関わり

500円 (税別)

獲得ポイント 5pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】はじめに 約29年前〔昭和63(1988)年〕,美須賀病院に作業療法室が開設された当初は,作業療法士(以下,OT)は2名でした。その後3名となり,平成19(2007)年の回復期リハビリテーション病棟設置に伴い大幅増員があって,現在では12名のOTが勤務しています(うち経験年数4年未満の若いOTが8名)。一般病棟にはじまり,回復期リハビリテーション病棟(以下,回復期リハ病棟),療養病棟の入院リハから外来リハまでの作業療法を実施しています。対象疾患は,主に脳血管障害やパーキンソン病,頸髄損傷などの中枢疾患から大腿骨頸部骨折や脊椎圧迫骨折,上肢・手指の骨折,肩関節周囲炎や腱板損傷,関節リウマチなどの整形疾患が中心です。理学療法士が行なう起居動作や歩行を含めた移動動作などの基本動作訓練に対して,食事や更衣,整容,排泄,入浴動作といったいわゆるADL(日常生活動作)訓練に加え,炊事や掃除などの家事動作や買い物といったIADL(手段的日常生活動作)訓練などの応用動作訓練を行なっています。

無料立ち読み(2ページ)

カゴに追加 500 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】はじめに 約29年前〔昭和63(1988)年〕,美須賀病院に作業療法室が開設された当初は,作業療法士(以下,OT)は2名でした。その後3名となり,平成19(2007)年の回復期リハビリテーション病棟設置に伴い大幅増員があって,現在では12名のOTが勤務しています(うち経験年数4年未満の若いOTが8名)。一般病棟にはじまり,回復期リハビリテーション病棟(以下,回復期リハ病棟),療養病棟の入院リハから外来リハまでの作業療法を実施しています。対象疾患は,主に脳血管障害やパーキンソン病,頸髄損傷などの中枢疾患から大腿骨頸部骨折や脊椎圧迫骨折,上肢・手指の骨折,肩関節周囲炎や腱板損傷,関節リウマチなどの整形疾患が中心です。理学療法士が行なう起居動作や歩行を含めた移動動作などの基本動作訓練に対して,食事や更衣,整容,排泄,入浴動作といったいわゆるADL(日常生活動作)訓練に加え,炊事や掃除などの家事動作や買い物といったIADL(手段的日常生活動作)訓練などの応用動作訓練を行なっています。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧13冊の書籍

1~13件/13件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。