研究 車いす段差通過時の介助姿勢によって介助負担および乗車者の快適性にどのくらい違いがあるか 看護学生が車いすの段差通過時の操作法について学ぶ

500円 (税別)

獲得ポイント 5pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】要旨 近年,被介護者・介護者ともに高齢化が進んでおり,また特に女性の介護者の割合が高く,介護負担は大きな問題となっている。ここで,車いすは移動に最も多く利用される福祉・介助機器であり,介護者が安全に操作できるように適切な操作技術の実践が必要となっている。 そこで本研究では,車いすの段差通過時に焦点を当て,脇角度を最大限小さく,かつ,車いす・大転子間距離を最大限大きくする介助姿勢を理想姿勢として,理想姿勢から脇角度を最大限大きくした姿勢,および,理想姿勢から車いす・大転子間距離を最大限小さくした姿勢との比較を行なった。

※本作品は2018年4月27日で販売を終了いたします。

無料立ち読み(2ページ)

カゴに追加 500 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】要旨 近年,被介護者・介護者ともに高齢化が進んでおり,また特に女性の介護者の割合が高く,介護負担は大きな問題となっている。ここで,車いすは移動に最も多く利用される福祉・介助機器であり,介護者が安全に操作できるように適切な操作技術の実践が必要となっている。 そこで本研究では,車いすの段差通過時に焦点を当て,脇角度を最大限小さく,かつ,車いす・大転子間距離を最大限大きくする介助姿勢を理想姿勢として,理想姿勢から脇角度を最大限大きくした姿勢,および,理想姿勢から車いす・大転子間距離を最大限小さくした姿勢との比較を行なった。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧13冊の書籍

1~13件/13件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。