書籍の詳細

【電子限定版】描き下ろし番外編「その後のお仕事について」収録。●人に触れば、失くした物の在り処がわかる──。そんなサイコメトリーの能力を持つ神代真名(かみしろまな)は、借金持ちの古書店店主。けれど、その能力を、取り立て屋の赤羽根(あかばね)に知られてしまった!! ヤクザと繋がり、強引な追い込みをかける厄介な男に秘密を握られるなんて…。ところが、頭を抱える真名に、赤羽根は「俺の依頼を受ければ、借金をチャラにしてやる」と言い出して!?

総合評価
4.0 レビュー総数:1件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

耳鳴りとめまいと悪寒について【SS付き電子限定版】のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • ネタバレあり
    淡々と
    絵はあっさりで人物のみのことが多いです。ストーリーも淡々と進んでいくのですが淡々すぎて話の濃さに気づかない感じ。主人公は霊視の力を持っててそれに絡ませ二人が近づいていく。亮の過去にたどり着く。二人の感情の変化がなかなか難しい。でも最後の亮の嫉妬はかわいい。こういう俺様の嫉妬は大好物なのでw
    • 参考になった 0
    投稿日:2017年08月06日