運命の泉 下 (後編)

1000円 (税別)

獲得ポイント 10pt (1%還元)

左手の小指にある赤い感覚器官は運命の相手の方向と結ばれる導きを示しす。主人公は導きを信じて、村に訪れると、村には運命の泉があった。その泉は運命の相手を水面に写すと言うが・・・赤い感覚器官は運命の相手と結ばれるようにするだけで、直接には運命の相手を教えない。そんな、運命の泉は運命の相手を教えるのだろうか?。そして、赤い感覚器官(赤い糸)は同じ相手なのだろうか?               運命の泉 下 (後編)左手の小指の赤い感覚器官(赤い糸)の指示で、運命の人がいる村に帰って来れたのだ。おそらく、何の指示なのか分からないままだが、おそらく、これが最後の赤い糸の指示だろう。と思いながら村の中に入ろうとしていた・・・その後、近隣の村々が戦場になり。攻める側と守る側の兵力の差は圧倒的だったが、陣太鼓の音の響きで戦いの勢い・・・だが、北東都市の旗が掲げられると・・・・陣太鼓の音が変わると・・・ある者の宣言で・・・徴兵された者たちは自分の村に帰るのだったが、赤い感覚器官を持つ者も共に村に帰るが意識がないままだった。今までは、運命の人と結ばれる時の流れの世界を作る土台だった。やっと、目を覚ましてからは二人で旅に出ることで自分たちの時の流れの世界である。愛と愛の結ばれる世界を作る旅へ・・・。

カゴに追加 1000 円(税別)

左手の小指にある赤い感覚器官は運命の相手の方向と結ばれる導きを示しす。主人公は導きを信じて、村に訪れると、村には運命の泉があった。その泉は運命の相手を水面に写すと言うが・・・赤い感覚器官は運命の相手と結ばれるようにするだけで、直接には運命の相手を教えない。そんな、運命の泉は運命の相手を教えるのだろうか?。そして、赤い感覚器官(赤い糸)は同じ相手なのだろうか?               運命の泉 下 (後編)左手の小指の赤い感覚器官(赤い糸)の指示で、運命の人がいる村に帰って来れたのだ。おそらく、何の指示なのか分からないままだが、おそらく、これが最後の赤い糸の指示だろう。と思いながら村の中に入ろうとしていた・・・その後、近隣の村々が戦場になり。攻める側と守る側の兵力の差は圧倒的だったが、陣太鼓の音の響きで戦いの勢い・・・だが、北東都市の旗が掲げられると・・・・陣太鼓の音が変わると・・・ある者の宣言で・・・徴兵された者たちは自分の村に帰るのだったが、赤い感覚器官を持つ者も共に村に帰るが意識がないままだった。今までは、運命の人と結ばれる時の流れの世界を作る土台だった。やっと、目を覚ましてからは二人で旅に出ることで自分たちの時の流れの世界である。愛と愛の結ばれる世界を作る旅へ・・・。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。