運命の泉 下 (前編)

900円 (税別)

獲得ポイント 9pt (1%還元)

左手の小指にある赤い感覚器官は運命の相手の方向と結ばれる導きを示す。主人公は導きを信じて、村に訪れると、村には運命の泉があった。その泉は運命の相手を水面に写すと言うが・・赤い感覚器官は運命の相手と結ばれるようにするだけで、直接には運命の相手を教えない。そんな、運命の泉は運命の相手を教えるのだろうか?赤い感覚器官(赤い糸)は同じ相手なのか? 運命の泉 下  (前編)  ある村で夜のことだった。その村で兵士たちの慰労会が催された。だが、数人の者しか知らないことだが、慰労会が催された本当の意味があり。誰にも知られてはならない企みだったのだ。それは、杞憂(きゆう)だと分かるのだが、慰労会が終わろうとする夜に数人の浮浪者が現れたことで新たな問題が・・。そんな問題など知らずに、前の戦いで勝利した都市や他の都市では・・新たな問題が・・邪な企みが・・。主人公の新たな運命の修正の指示が・・やはり、皆の命を救うことに直面するが・・今回の左手の小指の赤い感覚器官は不可解な動きをしたのだった。まるで、命の危険から身を守るための動きと言うよりも、故意に、ある物が身体に当たらないように避ける動きよりも、ある物を当たるような線上と言うか軌道に無理やりに身体を動かした。

カゴに追加 900 円(税別)

左手の小指にある赤い感覚器官は運命の相手の方向と結ばれる導きを示す。主人公は導きを信じて、村に訪れると、村には運命の泉があった。その泉は運命の相手を水面に写すと言うが・・赤い感覚器官は運命の相手と結ばれるようにするだけで、直接には運命の相手を教えない。そんな、運命の泉は運命の相手を教えるのだろうか?赤い感覚器官(赤い糸)は同じ相手なのか? 運命の泉 下  (前編)  ある村で夜のことだった。その村で兵士たちの慰労会が催された。だが、数人の者しか知らないことだが、慰労会が催された本当の意味があり。誰にも知られてはならない企みだったのだ。それは、杞憂(きゆう)だと分かるのだが、慰労会が終わろうとする夜に数人の浮浪者が現れたことで新たな問題が・・。そんな問題など知らずに、前の戦いで勝利した都市や他の都市では・・新たな問題が・・邪な企みが・・。主人公の新たな運命の修正の指示が・・やはり、皆の命を救うことに直面するが・・今回の左手の小指の赤い感覚器官は不可解な動きをしたのだった。まるで、命の危険から身を守るための動きと言うよりも、故意に、ある物が身体に当たらないように避ける動きよりも、ある物を当たるような線上と言うか軌道に無理やりに身体を動かした。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。