書籍の詳細

『クレヨンしんちゃん』でおなじみの「父ちゃん」こと「野原ひろし」が主役の公式スピンオフ飯マンガ第4弾!! 「ゆっくり食べる時間がない」「お腹がめちゃくちゃ空いている」「後輩を連れて一緒に」などなど、今日もひろしはいろんなシチュエーションでランチを食べる! ハンバーグ、インドカレー、餃子定食、蘭州ラーメン、立ち食いそば… すべては午後もバリバリ働くために!! これぞ日本を支えるサラリーマンの昼の生き様!!

総合評価
3.0 レビュー総数:2件
評価内訳

野原ひろし 昼メシの流儀のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 最高に面白美味しそう・・・
    クレヨンしんちゃんのキャラ(みさえとかしんのすけとか)はほぼほぼ出てこず、
    パパの野原ひろしが仕事中どこで昼食を取るかってだけのお話です。
    調子に乗って唐揚げを最大個数注文したらあまりにも大きなからあげが山盛り来て絶句。
    でも完食することが礼儀だ、と言わんばかりにかぶりつくシーンはとにかく美味しそう。
    他にも、蕎麦屋に入って丼のセットを注文したら、想像以上に山盛りのお蕎麦が出てきて完食、、、
    というのを見てすぐさまそばを食べに行きました。
    また、お昼ご飯の描写だけでなく、ちゃんと上司やってるなぁってお話もあるので結構読み応えがあります。
    クレヨンしんちゃんとは違ったお話ですがおすすめです。
    • 参考になった 2
    投稿日:2018年06月13日
  • コレは一体何が伝えたかったんだ…
    ちょっと分かんないです…。
    注文こそこだわりますが、食べるときには流儀らしい流儀は全く無いので、響いてきません。
    出されたものに文句は言わないから気持ちの悪い感じはしませんが、
    食に関しての感想は”美味い”しか言わないので、「うん……それで?」となります。
    そして、それで?と問うた先が無い。
    食に対しての執着というか、食に対してのリスペクトがないです。
    食べることによって何を伝えたかったのか。
    何がしたかったのか。
    そういうのが一切描かれていないマンガです。
    ※1巻は酷い出来でしたが、2巻はかなり読みやすくなっています。
    ご飯を食べて元気を出したり、ちゃんと「いただきます」言ったり。
    ひろしらしさも2巻はじんわり出てきています。
    2巻から読んでも別に問題ないので、読むなら2巻以降をオススメします(2巻時点)。
    • 参考になった 3
    投稿日:2017年10月11日