書籍の詳細

僕らは誰も彼女のことを忘れられなかった。 私たち六人は、京都で学生時代を過ごした仲間だった。十年前、鞍馬の火祭りを訪れた私たちの前から、長谷川さんは突然姿を消した。十年ぶりに鞍馬に集まったのは、おそらく皆、もう一度彼女に会いたかったからだ。夜が更けるなか、それぞれが旅先で出会った不思議な体験を語り出す。私たちは全員、岸田道生という画家が描いた「夜行」という絵と出会っていた。 旅の夜の怪談に、青春小説、ファンタジーの要素を織り込んだ最高傑作!「夜はどこにでも通じているの。世界はつねに夜なのよ」

まだユーザーレビューはありません。最初のレビューを書いてみませんか?

夜行のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • ホラー、ファンタジー、青春……。様々な要素が絡み合った傑作です。
    主人公の大橋が、学生時代に通っていた英会話スクールの仲間たちを誘い、10年ぶりに「鞍馬の火祭」を見物しにいくことになりました。今回集まったのは、5人。10年前の「鞍馬の火祭」で突然姿を消した仲間のひとり、長谷川さんを偲んでのことでした。

    大橋は今回の待ち合わせの前、ふと立ち寄った画廊で、岸田道生という画家による「夜行」という銅版画の連作シリーズを偶然見ることになります。シリーズは全部で48作品あり、「夜行――鞍馬」のように日本の各地の名前が付されていました。「天鵞絨(ビロード)のような黒の背景に白い濃淡だけで描きだされた風景は、永遠に続く夜を思わせた。いずれの作品にもひとりの女性が描かれている。(中略)一つ一つの作品を見ていくと、同じ一つの夜がどこまでも広がっているという不思議な感覚にとらわれた」

    宿に到着後、そのことをみんなに話すと、ほかの4人全員が、実はすでにこの作品に出会っていたことが分かります。そして、ひとりひとりが、「夜行」にまつわる経験を語り始めます。それぞれのエピソードが語られるなかで、長谷川さんの失踪や、岸田道生に関する謎が、少しずつ明らかになります。でも、あくまで「少しずつ」です。各エピソードは、なんとも不思議で不気味、それでいてリアルです。最後まで読んでも、解明されないまま放置された謎が残ります。それでも、きちんと物語として完結させる、そのサジ加減が絶妙です。

    それぞれが語る「夜行」の世界とは何でしょうか。作中に「夜行列車の夜行か、あるいは百鬼夜行の夜行か」という場面がありますが、日常の世界とは異なるシステムで動いている、「向こう側の世界」のことでしょう。日常の世界の常識とはまったく異なる、不思議で非合理で不気味な世界。読者の皆さんはぜひ、この向こう側の世界の「存在」をありのままに受け入れ、解明されない謎に自らの想像を働かせ、見たくない世界にも目を見開いて、物語世界に浸ってみてください。

    夜道を歩いていると、昼間はまったく気にも留めていなかった細道が、まったく違った姿を見せることがあります。「夜行」の世界への入り口は、本当に私たちの目の前にあるのかもしれません。日常とは異なるシステムで動く世界の存在を受け入れ、思いを馳せる。それは私にとって、心地よい癒しとなりました。
    • 参考になった 4
    投稿日:2017年02月17日