書籍の詳細

砂漠に囲まれた国・カターナの総督家に伝わる、遠い南の島から持ち込まれた“魚”と呼ばれる謎の箱。その箱は決して開けてはいけないといわれている。誰一人として見たことのない“魚”の正体とは…? 表題作『北の皇子と南の魚』の前後編と、未来の姿を映す鏡の守り人の物語、『仙人の鏡』を収録した荘厳なるオリエンタルファンタジー傑作集。 【収録作品】仙人の鏡/北の皇子と南の魚 前・後編

総合評価
4.0 レビュー総数:1件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

北の皇子と南の魚のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 岸辺の唄シリーズ
    『岸辺の唄』シリーズの続編です。水をめぐる独特の世界観を基調に、完結したファンタジー短編集としても楽しめます。如何なる心境の変化があったのかは語られませんが、バッサリ髪を切ったお馴染みの顔も登場します。購入を迷っているシリーズのファンの方は買って損はありませんのでご安心ください。初見の方は『岸辺の唄』、『雲を盗んだ男』、『盗賊の水差し』辺りから読み始められるのが宜しいかと思います。
    • 参考になった 2
    投稿日:2016年10月28日