書籍の詳細

同棲していた恋人・恭平(きょうへい)に逃げられた未知也(みちや)のもとへ強面の会社員・橋口(はしぐち)が乗り込んできた。恭平が橋口の元妻を妊娠させ、さらに彼女の名義で借金までしていたらしいのだ。未知也は怒り狂う橋口と一緒に恭平の行方を探すことになる。いい加減な男だと知りながら、口がうまくて優しい恭平が好きだと思っていた。けれど無骨だが誠実な橋口と行動を共にするうち、どんどん彼に惹かれていく自分に気付き……?

総合評価
4.0 レビュー総数:1件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

恋の傷あとのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • ネタバレあり
    作家買い☆あと一押しで☆5つ
    作家買いしました。
    まったく悪くはなくって、嫌いでもない話。
    受を騙す元恋人未満同居人も、誰も彼も悪くは書かれていなくって
    勧善懲悪はこの小説の世界ではなされていないけど、私は正直この世の中って
    そんな曖昧な、そして少し不平等なものだと思っているので
    そこはあまり気にならなかったです
    け・ど
    攻が思いっきりストレートなんですよね
    受と行動を共にするうちに情がわいてくるんだけど…
    ノンケであるというその設定が生きてないかもぉ~と思ってしまった。
    あと少しだけ、攻の心のうつりかわりが分かるような
    記述にページが割かれていたら…きっと私は☆5つにしたかもなぁと思います
    と、多少手厳しいことを書きましたが、
    昨日買ってからすでに3回読み直してます
    好きな作家さんなんです
    • 参考になった 0
    投稿日:2017年02月06日