書籍の詳細

嵐の夜。古い洋館で、海底横断鉄道の建設公団理事長シャイロック氏が暗殺され、その死体も消失してしまった。それは、海底超特急マリン・エクスプレスの試運転が迫る数日前のこと……。死体第一発見者の探偵ヒゲオヤジ(伴俊作)は、無免許医B・Jと共に事件の真相を追求すべくマリン・エクスプレスに乗り込むが──!? 海底鉄道を巡るサスペンスから始まる第1弾!!

総合評価
5.0 レビュー総数:1件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

手塚治虫 マリン・エクスプレスのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 異なる「配役」による公演
    大筋はアニメと同じなれど、「三つ目がとおる」の和登さんが重要な新キャラとして登場してきたり、マリンエクスプレスのパイロットがロックから「火の鳥」の山野辺マサトに変更になったり(タマミも副パイロットに)、ランプも悪どいが有能なジャーナリストに職業が変更。
    アニメを見ていても、「○○が犯人じゃなかったの?!」と驚きの連続。
    手塚治虫のスターシステムの真骨頂かもしれません。
    • 参考になった 2
    投稿日:2017年02月19日