書籍の詳細

「自分がなにをやってのけたのか、わかってる? 音楽産業を殺したんだよ!」田舎の工場で発売前のCDを盗んでいた労働者、mp3を発明したオタク技術者、業界を牛耳る大手レコード会社のCEO。CDが売れない時代を作った張本人たちの強欲と悪知恵、才能と友情の物語がいま明らかになる。

まだユーザーレビューはありません。最初のレビューを書いてみませんか?

誰が音楽をタダにした?のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 巨大産業を破壊した男たちの物語
    音楽業界では、Spotify、Apple Musicなど定額制配信サービスの台頭もあり、世界的にいよいよ本格的に「CDが売れない」時代が到来しているようだ。そればかりか、曲の違法アップロードは後を絶たず、またYouTubeなどで無料で音楽を楽しむ人も多くなっている。音楽は“タダ”で聴けるという風潮が蔓延しているのだ。本書は、こうした音楽業界の現状を招いた経緯を、3人の人物をめぐるストーリーによって描き出すノンフィクション。3人とは、田舎の工場で発売前のCDを盗んでいた労働者、mp3を発明したオタク技術者、業界を牛耳る大手レコード会社のCEOである。
    書籍ダイジェストサービス「SERENDIP」詳細はこちら
    投稿日:2016年12月23日