書籍の詳細

今の政府は、40年前のOSで動いているコンピュータのようなものだ。遅くて、処理できる問題の範囲もせまい。こんなに世界がつながっているのに、誰も政府とつながろうとは思わない。では、どうするか。シリコンバレーを擁するカリフォルニア州の副知事であり、自らも起業家としてビジネスを手がける著者が、起業のビジョナリーたちとの対話を通じて、未来の政府の姿を描く。●もし、お役所にシリコンバレーのアイデアとツールを取り入れたら?市民の熱狂的参加を促す、オズボーン=ゲーブラーの「行政革命」を超える、新しい「行革バイブル」●新しいツールとアイデアで、市民による本当の自治を実践!スマホ、アプリ、ソーシャルデータ、ビッグデータ、ゲーミフィケーション。新しいツールを活用してコミュニティを改善したアメリカの事例を多数紹介。成功例だけでなく、失敗例も紹介。●政府はプラットフォームとなれ!政府、行政は、みずからすべてを解決しようとしてはいけない。持てる情報を公開して、課題の発見と解決は、市民の力(アプリ)に委ねればいい。●起業のビジョナリーたちの知見が満載。J・ストッペルマン(イェルプ共同創業者)A・ハフィントン(新時代のメディア王)P・ディアマンディス(Xプライズ創設者)E・ウィリアムズ(ツイッター共同創業者)S・ブランド(『ホール・アース・カタログ』創刊者)など

まだユーザーレビューはありません。最初のレビューを書いてみませんか?

未来政府―プラットフォーム民主主義のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 起業家出身の副知事が教える、未来の政府の姿
    改めて言うまでもなく、インターネットによってビジネスや人々の暮らし、そして社会のあり方も大きく変わった。今ではインターネットにつながったデバイスさえあれば、誰でも瞬時に最新の情報にアクセスできるとともに、SNSなどで自分の意見を世界に発信することができる。だが、そんな人々の生活に密接に関係しながらも、そうした進化に追いついていない分野がある。政治だ。エストニアなどで電子政府化が進んでいるものの、米国や日本のような先進国では、政府のICTへの対応は明らかに遅れている。本書では、そんな現状を問題視し、インターネットを最大限に活用した未来の新しい政治・行政の仕組みづくりを提言している。
    書籍ダイジェストサービス「SERENDIP」詳細はこちら
    投稿日:2017年01月06日