いいひと。 (21)

500円 (税別)

獲得ポイント 5pt (1%還元)

▼第1話/この街▼第2話/幸せ探して▼第3話/素直▼第4話/二人のハーモニー▼第5話/THE POWER SOURCE▼第6話/Home Sweet Home1▼第7話/Home Sweet Home2▼第8話/Home Sweet Home3▼第9話/たとえあなたが去っていっても ●あらすじ/会社に姿を現さない上司・岩倉健太の自宅に出むこうと、優二は電車で移動中だった。そこに、白昼の車内の中を転がるひとつの空き缶。“いいひと”優二が目を背けるはずもなく、転がる空き缶を拾おうとして手を伸ばした途端、再び空き缶が転がり出し、なかなか掴むことができない。そのときになって始めて、優二はようやくその気まずさに気付く。電車が駅で止まり、やっと拾えると手を伸ばした瞬間、今度は横から伸びる手があった(第1話)▼駅に着いたはいいものの、優二は電車を間違え、所持金が足りなくなってしまっていた。とりあえず目的地を探していると、道端に大根が落ちている。さっき電車のなかで出会ったおばさんのバッグのヒモが切れ、道路に荷物を広げて困っているのだった。優二はネクタイを犠牲にしてバッグのヒモを補修し、このあたりの土地感もまるでないのに、風邪気味のおばさんを背負って道案内をする羽目に(第2話)。●本巻の特徴/大手企業であるライテックスの社長の息子であり、トラウマのせいですっかり心がねじ曲がってしまった岩倉健太に、優二は前向きな心で立ち直るきっかけを与えることができるか。そして巻末には、ひょんなきっかけから、一緒に旅行をすることになった優二の彼女・桜妙子と城山真理子の、優二をめぐってすれ違い続ける二人旅の顛末を収録する。

無料立ち読み(13ページ)

カゴに追加 500 円(税別)

▼第1話/この街▼第2話/幸せ探して▼第3話/素直▼第4話/二人のハーモニー▼第5話/THE POWER SOURCE▼第6話/Home Sweet Home1▼第7話/Home Sweet Home2▼第8話/Home Sweet Home3▼第9話/たとえあなたが去っていっても ●あらすじ/会社に姿を現さない上司・岩倉健太の自宅に出むこうと、優二は電車で移動中だった。そこに、白昼の車内の中を転がるひとつの空き缶。“いいひと”優二が目を背けるはずもなく、転がる空き缶を拾おうとして手を伸ばした途端、再び空き缶が転がり出し、なかなか掴むことができない。そのときになって始めて、優二はようやくその気まずさに気付く。電車が駅で止まり、やっと拾えると手を伸ばした瞬間、今度は横から伸びる手があった(第1話)▼駅に着いたはいいものの、優二は電車を間違え、所持金が足りなくなってしまっていた。とりあえず目的地を探していると、道端に大根が落ちている。さっき電車のなかで出会ったおばさんのバッグのヒモが切れ、道路に荷物を広げて困っているのだった。優二はネクタイを犠牲にしてバッグのヒモを補修し、このあたりの土地感もまるでないのに、風邪気味のおばさんを背負って道案内をする羽目に(第2話)。●本巻の特徴/大手企業であるライテックスの社長の息子であり、トラウマのせいですっかり心がねじ曲がってしまった岩倉健太に、優二は前向きな心で立ち直るきっかけを与えることができるか。そして巻末には、ひょんなきっかけから、一緒に旅行をすることになった優二の彼女・桜妙子と城山真理子の、優二をめぐってすれ違い続ける二人旅の顛末を収録する。

  • 完結
平均評価(4.0 レビューを見る
書籍の詳細

セット一覧セット購入でポイントがお得!

書籍一覧26冊の書籍

1~26件/26件 を表示

  • 1
  • 1

ユーザーのレビュー

予定調和が過ぎるけど秀作です

今この作品出ますか(゚Д゚)?
当時同時にもっと現実に即した「サラリーマン金太郎」が出てたので個人的に自然消滅してた作品です。
連載時家族が2/3ほどは読んでいたんですが、最後読んでなかったですσ(^◇^;)。
内容は草食系朴念仁青年のサクセス?ストーリーです。
タダ、結果オーライというわけでなく自分の納得のいく形を独自に追う形を作ってるので読んでいってお題目のような不自然感が拭えないにもか関わらないのに展開は引き込まれます。
そういう意味で先述の同期作とは好対照です。
恋バナに走るかと言えばそうじゃなく、仕事一辺倒というわけでもなく、さりとてビジネスセオリーに走るでなく、でも主人公の自分ワールドは展開されていく。
そこが鼻に衝くと言えばソレまでですが、許容できれば間違いなく秀作です。
ナゼかと言えば、主人公は絶えず相手の態度や動向を見ての挙動を行う。上辺や欲求ではなく相手の立場も鑑みた(しかも本人はその自覚が全くない)挙動で皆を奮わせる。
そこの爽快感が読みだと思います。
この作品はわざとらしさとか作話感とか、そういうのを払拭して真っ白にして読んだ方がいいです。
  • 参考になった 4

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。