書籍の詳細

▼第1話/START!▼第2話/TWO HEARTS▼第3話/終わりの季節▼第4話/with▼第5話/幸せになりたい▼第6話/曇りのち晴れ▼第7話/笑顔の行方▼第8話/ありがとう▼第9話/KIDS BLUE▼第10話/PRIDE▼第11話/Maybe Tomorrow●主な登場人物/北野雄二(札幌の大学から、就職のために上京。周りの人の幸せが自分の幸せと言い切る“いいひと”なのだが…)、桜妙子(雄二の高校時代からの恋人。北海道にいるため雄二とは遠距離恋愛)、二階堂千絵(東大卒のキャリアウーマンだが、会社や仕事に不満の毎日)●あらすじ/北野雄二はスポーツメーカー「ライテックス」に就職するのが夢だった。“いいひと”すぎる雄二は、困っている人をみると親切にせずにはいられない性格。北海道から就職試験のために何度も上京するのだが、その度にハプニングに巻きこまれ、遅刻を重ねてしまう(第1~3話)。▼やっと就職できた夢の会社なのに新入社員研修でまたもや遅刻の雄二(第4話)。▼研修地先に向かうバスもなくなり、走って現地へ向かう途中、副社長の車に便乗できたのだが(第8話)、▼研修地先では苛酷な試練が待ち受けていた(第9話)。▼おまけに会社の主任である千絵との仲を疑われるはめに(第11話)。●本巻の特徴/この第1巻では、雄二がなぜライテックスに入社したかったのか(第1話)、また入社するまでの経緯などが紹介される(第1~4話)。

総合評価
4.0 レビュー総数:1件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

いいひと。のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 予定調和が過ぎるけど秀作です
    今この作品出ますか(゚Д゚)?
    当時同時にもっと現実に即した「サラリーマン金太郎」が出てたので個人的に自然消滅してた作品です。
    連載時家族が2/3ほどは読んでいたんですが、最後読んでなかったですσ(^◇^;)。
    内容は草食系朴念仁青年のサクセス?ストーリーです。
    タダ、結果オーライというわけでなく自分の納得のいく形を独自に追う形を作ってるので読んでいってお題目のような不自然感が拭えないにもか関わらないのに展開は引き込まれます。
    そういう意味で先述の同期作とは好対照です。
    恋バナに走るかと言えばそうじゃなく、仕事一辺倒というわけでもなく、さりとてビジネスセオリーに走るでなく、でも主人公の自分ワールドは展開されていく。
    そこが鼻に衝くと言えばソレまでですが、許容できれば間違いなく秀作です。
    ナゼかと言えば、主人公は絶えず相手の態度や動向を見ての挙動を行う。上辺や欲求ではなく相手の立場も鑑みた(しかも本人はその自覚が全くない)挙動で皆を奮わせる。
    そこの爽快感が読みだと思います。
    この作品はわざとらしさとか作話感とか、そういうのを払拭して真っ白にして読んだ方がいいです。
    • 参考になった 5
    投稿日:2016年10月07日