書籍の詳細

どうしても、好きなんです。プレイボーイが初めて知った一途な恋。 ――美貌を武器に複数の男と遊びの関係を持つ井田まひろ。ある日、生真面目なクラスメイトの米谷をからかうためにキスをする。チャラ男と遊ぶことに慣れていたまひろは、彼のウブな反応が新鮮で面白いと感じて…。最初は興味本位で近づいたはずが、少しずつその誠実な人柄に惹かれていく。しかし米谷はエリート一家の長男で、庶民のまひろとは住む世界が違っていた…

総合評価
4.0 レビュー総数:1件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

わがままもキミのためならいくらでものレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 匿名希望
    表紙で損をしている気がする
    オメガバースだし買おうかどうしようか迷っていたらポイントUPしてたので購入しました。
    表紙よりも中身の方が絵が好きでした。逆のことはよくあるのにビックリ。
    表題作と、その友達の話(凍てつく光線)の2編入っていて、私は後者の方が好きでした!
    特に書き下ろしが可愛くて好き。
    どちらの話も、説明不足な部分があると感じたので(私の読み込みが甘かったらすみません)★4つにしました。
    凍てつく〜の方はオメガバースじゃなくても??と思いながら読みましたが
    男同士ということで周りの目を気にしたり隠したりしなくてもいいという部分では
    この世界観でないとだなと納得。
    よくわかっていない人でもオメガバースにライトな感じに入っていける作品かなと思いました!
    • 参考になった 2
    投稿日:2017年06月19日