鬼譚

1112円 (税別)

獲得ポイント 12pt (1%還元)

明治39年。新進作家・神忌鏡多郎の下に、歴史雑誌から鬼伝承について書いてほしいという依頼がある。鏡多郎は鬼伝承を調べるうちに、友人の民俗学者・二宮聡(東京帝国大学文学部教授)が明治政府の要請によって奇怪な研究に着手していることを知る。その研究とは、日露戦争に勝利するために“崇徳院の怨霊”を甦らせることだった。 二宮は様々な文献から、崇徳院が食人によって特殊な能力を持ったことを論証する。明治政府はその研究をもとに丹沢の研究施設で“崇徳院”を作り上げるが、強大な存在となった“崇徳院”は研究員を粛清し、施設を支配する。二宮聡は生成された“崇徳院”を抹殺するべく、丹沢山中の研究施設に潜入し、その動きを知った鏡多郎も丹沢に向かう。折しも近辺の村は夏祭りの最中で、大勢の村人が小学校に集まっていた。この世を支配しようとする“崇徳院”は、餓鬼と化した研究者を放ち、自らの存在を知る村人を抹殺しようとする。夏祭りは阿鼻叫喚の地獄と化し、村人たちは次々と餓鬼の餌食となる。やがて“崇徳院”は全貌を表すが、それは想像を絶する恐るべき存在だった……。 怪奇性や幻想性だけではなく、民俗学や大脳生理学といった衒学的要素に加えて、様々な人間ドラマを織り込んだ重厚かつ文学的なホラーミステリの傑作。

カゴに追加 1112 円(税別)

明治39年。新進作家・神忌鏡多郎の下に、歴史雑誌から鬼伝承について書いてほしいという依頼がある。鏡多郎は鬼伝承を調べるうちに、友人の民俗学者・二宮聡(東京帝国大学文学部教授)が明治政府の要請によって奇怪な研究に着手していることを知る。その研究とは、日露戦争に勝利するために“崇徳院の怨霊”を甦らせることだった。 二宮は様々な文献から、崇徳院が食人によって特殊な能力を持ったことを論証する。明治政府はその研究をもとに丹沢の研究施設で“崇徳院”を作り上げるが、強大な存在となった“崇徳院”は研究員を粛清し、施設を支配する。二宮聡は生成された“崇徳院”を抹殺するべく、丹沢山中の研究施設に潜入し、その動きを知った鏡多郎も丹沢に向かう。折しも近辺の村は夏祭りの最中で、大勢の村人が小学校に集まっていた。この世を支配しようとする“崇徳院”は、餓鬼と化した研究者を放ち、自らの存在を知る村人を抹殺しようとする。夏祭りは阿鼻叫喚の地獄と化し、村人たちは次々と餓鬼の餌食となる。やがて“崇徳院”は全貌を表すが、それは想像を絶する恐るべき存在だった……。 怪奇性や幻想性だけではなく、民俗学や大脳生理学といった衒学的要素に加えて、様々な人間ドラマを織り込んだ重厚かつ文学的なホラーミステリの傑作。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧1冊の書籍

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。