書籍の詳細

俺はまだ、神に愛されているだろうか?ピアノコンクールを舞台に、人間の才能と運命、そして音楽を描き切った青春群像小説。著者渾身、文句なしの最高傑作!3年ごとに開催される芳ヶ江国際ピアノコンクール。「ここを制した者は世界最高峰のS国際ピアノコンクールで優勝する」ジンクスがあり近年、覇者である新たな才能の出現は音楽界の事件となっていた。養蜂家の父とともに各地を転々とし自宅にピアノを持たない少年・風間塵15歳。かつて天才少女として国内外のジュニアコンクールを制覇しCDデビューもしながら13歳のときの母の突然の死去以来、長らくピアノが弾けなかった栄伝亜夜20歳。音大出身だが今は楽器店勤務のサラリーマンでコンクール年齢制限ギリギリの高島明石28歳。完璧な演奏技術と音楽性で優勝候補と目される名門ジュリアード音楽院のマサル・C・レヴィ=アナトール19歳。彼ら以外にも数多の天才たちが繰り広げる競争という名の自らとの闘い。第1次から3次予選そして本選を勝ち抜き優勝するのは誰なのか?

まだユーザーレビューはありません。最初のレビューを書いてみませんか?

蜜蜂と遠雷のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 物語の舞台は、世界的に有名なピアノコンクール。4人のピアニストたちが、それぞれの人生を振り返りながら、優勝を目指していきます。紙の単行本で2段組500ページ超というボリュームですが、抜群に読みやすく面白いので、音楽に馴染みのない人でも一気に読むことができると思います。

    コンクールに出場するのは、専門の音楽教育を施されてきた実力者がほとんど。しかし、一人異色の存在がいました。風間塵、16歳。養蜂を営む父と移動生活をするこの天才ピアニストは、自分のピアノを持たず、まともな音楽教育も受けていませんでした。それなのに、世界中のピアニストたちが憧れた、いまは亡き伝説の音楽家ホフマンが、自ら塵のもとを訪れ、弟子というよりも一人の音楽家として塵少年と付き合ってきたというのです。

    「皆さんに、カザマ・ジンをお贈りする。文字通り、彼は『ギフト』である。(中略)中には彼を嫌悪し、憎悪し、拒絶する者もいるだろう。しかし、それもまた彼の真実であり、彼を『体験』する者の中にある真実なのだ。彼を本物の『ギフト』とするか、それとも『災厄』にしてしまうのかは、皆さん、いや、我々にかかっている」。伝説の音楽家ホフマンによる推薦状の文面です。

    世界は、すでに至上の音楽に満たされている。それなのに、譜面に、コンサートホールに、そして音楽教育といった狭い箱の中に、音楽が閉じ込められてしまっている。「よし、塵、おまえが連れ出してやれ。」生前のホフマンの言葉を胸に、型破りの天才・風間塵は、才能をフルに発揮して、その課題に取り組んでいきます。

    風間塵だけでなく、新たなクラシックをつくるための戦略を立てるマサル・カルロス・レヴィ・アナトール、母の死をきっかけにピアノが弾けなくなってしまったかつての天才少女・栄伝亜夜、そして、妻子持ちで仕事の合間に練習を続けて出場を決めた高島明石――。それぞれが、自らの人生の課題に正面から取り組み、葛藤することで、最高の演奏を繰り広げていきます。

    この小説のすごいところはたくさんありますが、二つ挙げるとしたら、まず、一つひとつの演奏が言葉で見事に表現されていることが挙げられます。4人だけでも54曲演奏するのですが、それぞれがきちんと書き分けられ、本当に音楽が聴こえてくるような気がしました。二つめは、登場人物がみんな悪意も毒気もない、いい人でありながら、しっかりと葛藤が描写されているからか、物語全体がフワフワしておらず、読後に心地よい満足感に満たされることです。

    構想12年、取材11年、執筆7年。第156回直木賞を受賞したこの作品は、間違いなく恩田陸の最高傑作の一つです。
    • 参考になった 6
    投稿日:2017年02月10日