こだわりのCT画像処理 4D撮影および加算平均処理を用いた造影剤量低減への挑戦

500円 (税別)

獲得ポイント 5pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】はじめに 近年、外科的手術において、造影CTおよび3 D画像処理は術前シミュレーションとして必須検査となっている。泌尿器領域においても同様であるが、代表的な疾患である腎がんや膀胱がんは腎機能低下症例の割合が高い。そのために、使用する造影剤量を低減して検査を行うことがある。その造影剤量減量方法の1つとしてLow kV撮像が有用であるという報告がある。Low kV撮像とは実効エネルギーをk吸収端である33.2keVにより近づけることで、ヨード造影剤のX線吸収度を上昇させ、高いCT値を得る手法である。しかし、使用する造影剤量を通常量より減らすことの問題点として、血管評価では撮像タイミング、腫瘍等の組織評価ではコントラスト低下が挙げられる。

無料立ち読み(2ページ)

カゴに追加 500 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】はじめに 近年、外科的手術において、造影CTおよび3 D画像処理は術前シミュレーションとして必須検査となっている。泌尿器領域においても同様であるが、代表的な疾患である腎がんや膀胱がんは腎機能低下症例の割合が高い。そのために、使用する造影剤量を低減して検査を行うことがある。その造影剤量減量方法の1つとしてLow kV撮像が有用であるという報告がある。Low kV撮像とは実効エネルギーをk吸収端である33.2keVにより近づけることで、ヨード造影剤のX線吸収度を上昇させ、高いCT値を得る手法である。しかし、使用する造影剤量を通常量より減らすことの問題点として、血管評価では撮像タイミング、腫瘍等の組織評価ではコントラスト低下が挙げられる。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧17冊の書籍

1~17件/17件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。