【家塵ダニアレルゲン免疫療法の新時代】 家塵ダニアレルゲンの特性と回避指導の実際 Allergens from house dust mites and its avoidance

500円 (税別)

獲得ポイント 5pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】わが国の室内環境で検出されるダニでアレルギーの原因として問題になるものはヤケヒョウヒダニとコナヒョウヒダニの2種である。両者ともにチリダニ科の近縁種であり互いに交差抗原性が高いため、アレルゲンとしては両者を区別する必要はない。室内環境のダニアレルゲン汚染の指標としては、室内塵1グラム当たりの両アレルゲンのグループ1アレルゲン量の合計値、Der1量(μg/g dust)を用いることが多い。これらのダニによる室内環境汚染と曝露は吸入性アレルギー疾患の発症、増悪の重要な危険因子であり、特に高温多湿なわが国はダニの高濃度汚染地域であり、その臨床的重要性はきわめて高い。これらのアレルゲンの回避指導としては、特に寝具の対策が重要である。週に1回のシーツ交換と布団の掃除機掛けを行えば、寝具のダニアレルゲンレベルの減少が期待できる。

無料立ち読み(2ページ)

カゴに追加 500 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】わが国の室内環境で検出されるダニでアレルギーの原因として問題になるものはヤケヒョウヒダニとコナヒョウヒダニの2種である。両者ともにチリダニ科の近縁種であり互いに交差抗原性が高いため、アレルゲンとしては両者を区別する必要はない。室内環境のダニアレルゲン汚染の指標としては、室内塵1グラム当たりの両アレルゲンのグループ1アレルゲン量の合計値、Der1量(μg/g dust)を用いることが多い。これらのダニによる室内環境汚染と曝露は吸入性アレルギー疾患の発症、増悪の重要な危険因子であり、特に高温多湿なわが国はダニの高濃度汚染地域であり、その臨床的重要性はきわめて高い。これらのアレルゲンの回避指導としては、特に寝具の対策が重要である。週に1回のシーツ交換と布団の掃除機掛けを行えば、寝具のダニアレルゲンレベルの減少が期待できる。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧16冊の書籍

1~16件/16件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。