【まるごと前立腺がん】 前立腺がんのcare 前立腺がんのホルモン療法の看護の基本

1000円 (税別)

獲得ポイント 10pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】前立腺がんの罹患数は、2011年の78,778人に対し2015年では98,400人と予測されるデータが国立がん研究センターから発表されました。近年ではPSA検診の普及に伴い、早期発見が可能となり年々増加している疾患です。好発年齢は70歳代で、50歳代もまれに見られます。 前立腺がんの増殖は、男性ホルモン(アンドロゲン)の分泌が不可欠です。アンドロゲンの分泌を遮断すると、前立腺がん細胞が細胞死(アポトーシス)し、前立腺がんの増殖が抑えられます。このアンドロゲンを遮断する仕組みを使った治療法が内分泌療法(ホルモン療法)です。近年の前立腺がんホルモン療法は、エンザルタミド(イクスタンジ(R))とアビラテロン酢酸エステル(ザイティガ(R))が2014年に承認され、治療の選択肢が拡大しています。現在、使用可能なホルモン療法薬を表1に示します。本稿では前立腺がんのホルモン療法の看護の基本について述べていきます。

無料立ち読み(2ページ)

カゴに追加 1000 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】前立腺がんの罹患数は、2011年の78,778人に対し2015年では98,400人と予測されるデータが国立がん研究センターから発表されました。近年ではPSA検診の普及に伴い、早期発見が可能となり年々増加している疾患です。好発年齢は70歳代で、50歳代もまれに見られます。 前立腺がんの増殖は、男性ホルモン(アンドロゲン)の分泌が不可欠です。アンドロゲンの分泌を遮断すると、前立腺がん細胞が細胞死(アポトーシス)し、前立腺がんの増殖が抑えられます。このアンドロゲンを遮断する仕組みを使った治療法が内分泌療法(ホルモン療法)です。近年の前立腺がんホルモン療法は、エンザルタミド(イクスタンジ(R))とアビラテロン酢酸エステル(ザイティガ(R))が2014年に承認され、治療の選択肢が拡大しています。現在、使用可能なホルモン療法薬を表1に示します。本稿では前立腺がんのホルモン療法の看護の基本について述べていきます。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧27冊の書籍

1~27件/27件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。