そうだったんだ! 現場に生かす研究のエビデンス(第2回) 中高年男性労働者のメンタルヘルス対策 どんな職種がハイリスクなのか

700円 (税別)

獲得ポイント 7pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】我が国の自殺とメンタルヘルス不調者の現状 平成27年版自殺対策白書によると、我が国の自殺者数は、平成10年以降、14年連続で3万人を超える状態が続いていたが、平成24年に15年ぶりに3万人を下回り、平成26年は25,427人となった。年齢階級別の自殺死亡率の推移をみると、全年齢階級で低下傾向にあるが、50歳代以上の中高年の自殺率が最も高くなっている。また、職業別の自殺死亡率については、平成22年度人口動態職業・産業別統計の概況では、男性では、専門・技術職、サービス職、建設・採掘職、生産工程職、女性ではサービス職、専門・技術職、事務職、販売職の順で高かった。このように、年齢や職業によって自殺のリスクは異なっている。

無料立ち読み(2ページ)

カゴに追加 700 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】我が国の自殺とメンタルヘルス不調者の現状 平成27年版自殺対策白書によると、我が国の自殺者数は、平成10年以降、14年連続で3万人を超える状態が続いていたが、平成24年に15年ぶりに3万人を下回り、平成26年は25,427人となった。年齢階級別の自殺死亡率の推移をみると、全年齢階級で低下傾向にあるが、50歳代以上の中高年の自殺率が最も高くなっている。また、職業別の自殺死亡率については、平成22年度人口動態職業・産業別統計の概況では、男性では、専門・技術職、サービス職、建設・採掘職、生産工程職、女性ではサービス職、専門・技術職、事務職、販売職の順で高かった。このように、年齢や職業によって自殺のリスクは異なっている。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧18冊の書籍

1~18件/18件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。