投稿論文 Parkinsonismで発症し治療により症状の改善を得たS状静脈洞部硬膜動静脈瘻の1例

1000円 (税別)

獲得ポイント 10pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】76歳女。当科受診の2ヵ月前に小刻み歩行・突進歩行が出現した。また、物忘れ・発語不明瞭も出現したため当院神経内科を受診し、パーキンソン病と診断されたが、その後徐々に傾眠となり当科受診した。頭部MRIのFLAIR強調像で視床を含む両側基底核から深部白質に鬱血を示唆する高信号を認め、MRAで左S状静脈洞の早期描出を認めた。脳血管撮影での左外頸動脈撮影において、Lt.middle meningeal artery、Lt.occipital artery、Lt.ascending pharyngeal arteryをfeederとし、左sigmoid sinusに複数のshunt pointを有する硬膜動静脈瘻(dAVF)を認めた。Draining routeは、狭窄した左transverse sinusからconfluenceを介し、対側の右transverse sigmoid sinusへ還流するルートと、逆行性にstraight sinusから両側のvein of Galen、internal cerebral vein、basal vein of Rosenthalへ流入する還流路が認められた。これらの所見から、左sigmoid sinus dAVF,Cognard type IIa+b,Borden type IIと診断した。経静脈的塞栓術を行い、意識障害は改善、パーキンソン症状も改善した。

無料立ち読み(2ページ)

カゴに追加 1000 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】76歳女。当科受診の2ヵ月前に小刻み歩行・突進歩行が出現した。また、物忘れ・発語不明瞭も出現したため当院神経内科を受診し、パーキンソン病と診断されたが、その後徐々に傾眠となり当科受診した。頭部MRIのFLAIR強調像で視床を含む両側基底核から深部白質に鬱血を示唆する高信号を認め、MRAで左S状静脈洞の早期描出を認めた。脳血管撮影での左外頸動脈撮影において、Lt.middle meningeal artery、Lt.occipital artery、Lt.ascending pharyngeal arteryをfeederとし、左sigmoid sinusに複数のshunt pointを有する硬膜動静脈瘻(dAVF)を認めた。Draining routeは、狭窄した左transverse sinusからconfluenceを介し、対側の右transverse sigmoid sinusへ還流するルートと、逆行性にstraight sinusから両側のvein of Galen、internal cerebral vein、basal vein of Rosenthalへ流入する還流路が認められた。これらの所見から、左sigmoid sinus dAVF,Cognard type IIa+b,Borden type IIと診断した。経静脈的塞栓術を行い、意識障害は改善、パーキンソン症状も改善した。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧13冊の書籍

1~13件/13件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。