専門医に求められる最新の知識 脊椎脊髄 若手脳神経外科医が知っておきたい下肢のしびれ、痛み診断の最新知見 末梢神経障害に主眼をおいて

1000円 (税別)

獲得ポイント 10pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】下肢のしびれや痛みの原因疾患としては、腰椎疾患を想起しやすいが、末梢神経疾患によることも少なくないことが知られてきている。特に、腰椎術後の残存症状の原因としても近年その報告が増えている。腓骨神経障害や足根管症候群、外側大腿皮神経障害などは、頻度は少なくないものの確定診断が難しいことも影響してか、一般的に治療されているとは言いがたい。足根管症候群は両側性を呈することが多いため、特に糖尿病神経障害の鑑別として大切であり、外側大腿皮神経障害は腰痛患者に合併しやすいため、腰椎疾患との鑑別に大切な疾患である。また腓骨神経障害は間歇性は行を呈することが注目され、近年、負荷試験としての足首連続底屈試験による診断の可能性が示唆されている。これら疾患は、局所麻酔下の低侵襲手術により症状の改善が得られ、われわれ脳神経外科医が積極的にかかわっていきたい疾患と言える。

無料立ち読み(2ページ)

カゴに追加 1000 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】下肢のしびれや痛みの原因疾患としては、腰椎疾患を想起しやすいが、末梢神経疾患によることも少なくないことが知られてきている。特に、腰椎術後の残存症状の原因としても近年その報告が増えている。腓骨神経障害や足根管症候群、外側大腿皮神経障害などは、頻度は少なくないものの確定診断が難しいことも影響してか、一般的に治療されているとは言いがたい。足根管症候群は両側性を呈することが多いため、特に糖尿病神経障害の鑑別として大切であり、外側大腿皮神経障害は腰痛患者に合併しやすいため、腰椎疾患との鑑別に大切な疾患である。また腓骨神経障害は間歇性は行を呈することが注目され、近年、負荷試験としての足首連続底屈試験による診断の可能性が示唆されている。これら疾患は、局所麻酔下の低侵襲手術により症状の改善が得られ、われわれ脳神経外科医が積極的にかかわっていきたい疾患と言える。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧13冊の書籍

1~13件/13件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。