【骨・筋・関節のしくみ これなら理解できる!整形外科ナース必読!超わかりやすい解剖書】 機能解剖 足関節 足趾

700円 (税別)

獲得ポイント 7pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】はじめに 足関節・足部の運動は多関節の複合運動からなり、その運動方向を表す用語は国際的に統一されていないため、表記に混乱があります。とくに内がえし(inversion)/外がえし(eversion)と、回外(supination)/回内(pronation)がどのような動きに対して用いられるかについては見解が大きく分かれています。 おもに英語圏では「内がえし/外がえし」は冠状面の運動とし、「回外/回内」は冠状面・矢状面・水平面での3平面での運動とし、日本(日本整形外科学会や日本リハビリテーション医学会制定)では前者を3平面での運動、後者を冠状面での運動と定義しています。この混乱を解決するため、日本整形外科学会からの要請によって、日本足の外科学会用語委員会では新たな運動に関する用語案を作成しました。本項では同案に従って解説します。

無料立ち読み(2ページ)

カゴに追加 700 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】はじめに 足関節・足部の運動は多関節の複合運動からなり、その運動方向を表す用語は国際的に統一されていないため、表記に混乱があります。とくに内がえし(inversion)/外がえし(eversion)と、回外(supination)/回内(pronation)がどのような動きに対して用いられるかについては見解が大きく分かれています。 おもに英語圏では「内がえし/外がえし」は冠状面の運動とし、「回外/回内」は冠状面・矢状面・水平面での3平面での運動とし、日本(日本整形外科学会や日本リハビリテーション医学会制定)では前者を3平面での運動、後者を冠状面での運動と定義しています。この混乱を解決するため、日本整形外科学会からの要請によって、日本足の外科学会用語委員会では新たな運動に関する用語案を作成しました。本項では同案に従って解説します。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧23冊の書籍

1~23件/23件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。