【骨・筋・関節のしくみ これなら理解できる!整形外科ナース必読!超わかりやすい解剖書】 総論 解剖を知るとこんなに楽しい!

700円 (税別)

獲得ポイント 7pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】解剖はなぜ難しいの? 多くの人が解剖学と聞くと、「難しい」、「覚えるのがたいへん」などと答えるかと思います。それではなぜ難しいと思うのでしょうか。今、解剖学の教科書を見ても、やっぱり難しく書かれているように見えるかと思います。しかし、じっくり見直してみると解剖学に書かれている文章は、「○○がどこにある」「○○の形は小さく丸い」など、きわめて単純な文章の寄せ集めであることが理解できます。つまり文章は難しくないということです(その分つまらないのも事実ですが)。 難しいと感じるのは「○○」の部分がなじみのない単語で、しかも膨大な量があることです。しかし、この単語も多くはある法則の下につけられています。例えば「~頭筋」、これは中枢側から見て筋頭がいくつあるかで数を決めます。さらにその筋肉があるところを加えると上腕二頭筋や下腿三頭筋となるわけです(ところで、上腕二頭筋は上腕骨にはくっついていないことを知っていましたか?)。そのほか、形から命名されたものもあります。菱形なので菱形筋といいます。このように、名称からいろいろ類推できるようになっています。ほかにも変わった名前のつけ方があります。膝関節屈筋群はハムストリングスとよばれていますが、これは豚の脚からハムをつくる際、この部位の腱を鉤に引っかけてぶら下げることからきています。

カゴに追加 700 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】解剖はなぜ難しいの? 多くの人が解剖学と聞くと、「難しい」、「覚えるのがたいへん」などと答えるかと思います。それではなぜ難しいと思うのでしょうか。今、解剖学の教科書を見ても、やっぱり難しく書かれているように見えるかと思います。しかし、じっくり見直してみると解剖学に書かれている文章は、「○○がどこにある」「○○の形は小さく丸い」など、きわめて単純な文章の寄せ集めであることが理解できます。つまり文章は難しくないということです(その分つまらないのも事実ですが)。 難しいと感じるのは「○○」の部分がなじみのない単語で、しかも膨大な量があることです。しかし、この単語も多くはある法則の下につけられています。例えば「~頭筋」、これは中枢側から見て筋頭がいくつあるかで数を決めます。さらにその筋肉があるところを加えると上腕二頭筋や下腿三頭筋となるわけです(ところで、上腕二頭筋は上腕骨にはくっついていないことを知っていましたか?)。そのほか、形から命名されたものもあります。菱形なので菱形筋といいます。このように、名称からいろいろ類推できるようになっています。ほかにも変わった名前のつけ方があります。膝関節屈筋群はハムストリングスとよばれていますが、これは豚の脚からハムをつくる際、この部位の腱を鉤に引っかけてぶら下げることからきています。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧23冊の書籍

1~23件/23件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。