【押さえておきたい 厳選!呼吸ケアのためのガイドライン】 呼吸器感染症治療ガイドライン

700円 (税別)

獲得ポイント 7pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】重要ポイントななめ読み! 肺炎の分類 肺炎は代表的な呼吸器感染症であり、日常診療において遭遇することが非常に多い疾患です。日本人の死因として肺炎は、1位の悪性新生物、2位の心疾患に次いで第3位となっています。肺炎による死亡者の95%以上は65歳以上の高齢者で、増加している背景には超高齢社会が影響していると考えられます。 肺炎の診療においては、患者の背景が原因菌の種類、重症度や予後、抗菌薬の選択に大きく影響すると考えられます。肺炎は、通常の社会環境で生活している人に発症する市中肺炎(CAP)、病院へ入院して48時間以降に発症する院内肺炎(HAP)、その中間的な位置づけとなる医療・介護関連肺炎(NHCAP)に分けられ、それぞれに対してガイドラインが作成されています。

無料立ち読み(2ページ)

カゴに追加 700 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】重要ポイントななめ読み! 肺炎の分類 肺炎は代表的な呼吸器感染症であり、日常診療において遭遇することが非常に多い疾患です。日本人の死因として肺炎は、1位の悪性新生物、2位の心疾患に次いで第3位となっています。肺炎による死亡者の95%以上は65歳以上の高齢者で、増加している背景には超高齢社会が影響していると考えられます。 肺炎の診療においては、患者の背景が原因菌の種類、重症度や予後、抗菌薬の選択に大きく影響すると考えられます。肺炎は、通常の社会環境で生活している人に発症する市中肺炎(CAP)、病院へ入院して48時間以降に発症する院内肺炎(HAP)、その中間的な位置づけとなる医療・介護関連肺炎(NHCAP)に分けられ、それぞれに対してガイドラインが作成されています。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧16冊の書籍

1~16件/16件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。