いつ読む?いま読む!もう読んだ?今月の注目症例報告(vol.20) 早産児に対する橈骨動脈ライン留置が一因と考えられた前腕部皮膚潰瘍の1例

700円 (税別)

獲得ポイント 7pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】症例背景 早産児、特に在胎20週台の児に対しては出生後早期からの集学的治療が不可欠であり、挿管チューブや輸液ルートをはじめとするさまざまな医療デバイスを必要とする。しかし、これらの医療デバイスを固定する児の皮膚は角質層が極めて少なく、外的刺激に非常に弱いという特徴を有する。また早産児では、不感蒸泄が多いという生理学的特徴に対して、保育器内を高温多湿に保つことで対応するため皮膚は湿潤傾向となり、より物理的刺激に弱い環境下に曝露される。このような状況下で、早産児は留置カテーテルやドレッシング材などの医療デバイスの刺激により、容易に皮膚障害や医療関連機器圧迫創傷(medical device related pressure ulcer)を生じやすい。今回、早産児に対する橈骨動脈ライン留置によって前腕部の皮膚潰瘍を生じたと考えられた早産児例を経験したため、その対処法を含めて考察した。

無料立ち読み(2ページ)

カゴに追加 700 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】症例背景 早産児、特に在胎20週台の児に対しては出生後早期からの集学的治療が不可欠であり、挿管チューブや輸液ルートをはじめとするさまざまな医療デバイスを必要とする。しかし、これらの医療デバイスを固定する児の皮膚は角質層が極めて少なく、外的刺激に非常に弱いという特徴を有する。また早産児では、不感蒸泄が多いという生理学的特徴に対して、保育器内を高温多湿に保つことで対応するため皮膚は湿潤傾向となり、より物理的刺激に弱い環境下に曝露される。このような状況下で、早産児は留置カテーテルやドレッシング材などの医療デバイスの刺激により、容易に皮膚障害や医療関連機器圧迫創傷(medical device related pressure ulcer)を生じやすい。今回、早産児に対する橈骨動脈ライン留置によって前腕部の皮膚潰瘍を生じたと考えられた早産児例を経験したため、その対処法を含めて考察した。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧18冊の書籍

1~18件/18件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。