【ピンポイントをねらい打ち!マンガで理解!呼吸器疾患・循環器疾患患者の麻酔のリスク】 循環器疾患の患者はそれぞれ何がキケン?

700円 (税別)

獲得ポイント 7pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】はじめに 循環器疾患×全身麻酔=何がキケン? 全身麻酔時の循環器の評価 術前評価をする際、循環器系は最も注意すべき項目の1つである。循環器疾患の既往、またその発症時期や程度により患者の周術期の予後が左右されるため、詳細な問診や身体診察、あらゆる検査により情報を収集する必要がある。 循環器疾患をもつ患者への影響 全身麻酔はただでさえ心臓の機能を抑制する作用をもった薬剤を使用することが多い。そこに、心臓自体に問題が加わると心臓の動きはますます悪くなり、周術期の管理はとても困難になってしまう。 また手術の術式・侵襲度、時間、出血量、体位が循環系へ大きな影響を与えることがあるため、患者の全身状態によっては手術を延期することも考慮しなくてはならない。

無料立ち読み(2ページ)

カゴに追加 700 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】はじめに 循環器疾患×全身麻酔=何がキケン? 全身麻酔時の循環器の評価 術前評価をする際、循環器系は最も注意すべき項目の1つである。循環器疾患の既往、またその発症時期や程度により患者の周術期の予後が左右されるため、詳細な問診や身体診察、あらゆる検査により情報を収集する必要がある。 循環器疾患をもつ患者への影響 全身麻酔はただでさえ心臓の機能を抑制する作用をもった薬剤を使用することが多い。そこに、心臓自体に問題が加わると心臓の動きはますます悪くなり、周術期の管理はとても困難になってしまう。 また手術の術式・侵襲度、時間、出血量、体位が循環系へ大きな影響を与えることがあるため、患者の全身状態によっては手術を延期することも考慮しなくてはならない。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧17冊の書籍

1~17件/17件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。