【ピンポイントをねらい打ち!マンガで理解!呼吸器疾患・循環器疾患患者の麻酔のリスク】 呼吸器疾患の患者はそれぞれ何がキケン?

700円 (税別)

獲得ポイント 7pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】はじめに 呼吸器疾患×全身麻酔=何がキケン? 全身麻酔における呼吸への影響 全身麻酔が及ぼす呼吸への影響は多岐にわたる。麻酔導入からの流れに沿えば、機能的残気量の低下、舌根沈下、自発呼吸の停止、無気肺の形成、気道刺激、陽圧換気などが挙げられる。 これらの影響はどの患者に対してもみられるが、呼吸機能の正常な患者において大きな問題となる場面は比較的少ない。しかし、呼吸器疾患合併患者においては、これらの要因が周術期の呼吸状態に大きな影響を及ぼす危険性が高まるため、麻酔管理には注意が必要である。

無料立ち読み(2ページ)

カゴに追加 700 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】はじめに 呼吸器疾患×全身麻酔=何がキケン? 全身麻酔における呼吸への影響 全身麻酔が及ぼす呼吸への影響は多岐にわたる。麻酔導入からの流れに沿えば、機能的残気量の低下、舌根沈下、自発呼吸の停止、無気肺の形成、気道刺激、陽圧換気などが挙げられる。 これらの影響はどの患者に対してもみられるが、呼吸機能の正常な患者において大きな問題となる場面は比較的少ない。しかし、呼吸器疾患合併患者においては、これらの要因が周術期の呼吸状態に大きな影響を及ぼす危険性が高まるため、麻酔管理には注意が必要である。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧17冊の書籍

1~17件/17件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。