教えて!Dr.さぬき!新人オペナースかすみの薬剤ビクビク事件簿(第3話) ドロはドルミカム(R)じゃない?

700円 (税別)

獲得ポイント 7pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】術後の回復室で悪心・嘔吐がある時、よく使われる制吐薬には、プリンペラン(R)やドロレプタン(R)(ドロペリドール)がある。特に手術室では、制吐薬としてのドロレプタン(R)は頻用薬である。ドロレプタン(R)は、添付文書には制吐薬としての使用法はないが、0.2~0.5mL を静注すれば、強力な制吐作用が期待できる。また、通称「ドロ」と呼ぶことがあるため、手術室に勤務する者は知っておく必要がある。一方、ドルミカム(R)(ミダゾラム)に制吐作用はなく、使用すれば鎮静され誤嚥の危険性がある。

カゴに追加 700 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】術後の回復室で悪心・嘔吐がある時、よく使われる制吐薬には、プリンペラン(R)やドロレプタン(R)(ドロペリドール)がある。特に手術室では、制吐薬としてのドロレプタン(R)は頻用薬である。ドロレプタン(R)は、添付文書には制吐薬としての使用法はないが、0.2~0.5mL を静注すれば、強力な制吐作用が期待できる。また、通称「ドロ」と呼ぶことがあるため、手術室に勤務する者は知っておく必要がある。一方、ドルミカム(R)(ミダゾラム)に制吐作用はなく、使用すれば鎮静され誤嚥の危険性がある。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧17冊の書籍

1~17件/17件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。