【管理栄養士も知っておきたい 水分・電解質管理と輸液のポイント】 2 輸液の基礎知識をマスター

700円 (税別)

獲得ポイント 7pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】輸液製剤と経腸栄養剤の違い 食塩1gを経口摂取した場合、摂取した食塩1gを等張化するための水分を同時に吸収しなければ細胞外液のナトリウム濃度が高くなってしまいます。生理食塩液に換算すると食塩1gあたり111mL(0.9%)の水分を同時に吸収することになります。一方、静脈栄養では食塩を直接血液内に投与することはできないため、水に希釈することになります。しかし、投与する食塩液の濃度が細胞外液のナトリウム濃度より高ければ、細胞内液から水分が移動して正常値に戻そうとします。したがって、投与した食塩液のナトリウム濃度の違いによって細胞外液量が変化します。市販されている電解質輸液は、ナトリウム濃度を変化させることで各体液分画への水分補給量をコントロールしています。輸液の種類を表に示します。

無料立ち読み(2ページ)

カゴに追加 700 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】輸液製剤と経腸栄養剤の違い 食塩1gを経口摂取した場合、摂取した食塩1gを等張化するための水分を同時に吸収しなければ細胞外液のナトリウム濃度が高くなってしまいます。生理食塩液に換算すると食塩1gあたり111mL(0.9%)の水分を同時に吸収することになります。一方、静脈栄養では食塩を直接血液内に投与することはできないため、水に希釈することになります。しかし、投与する食塩液の濃度が細胞外液のナトリウム濃度より高ければ、細胞内液から水分が移動して正常値に戻そうとします。したがって、投与した食塩液のナトリウム濃度の違いによって細胞外液量が変化します。市販されている電解質輸液は、ナトリウム濃度を変化させることで各体液分画への水分補給量をコントロールしています。輸液の種類を表に示します。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧28冊の書籍

1~28件/28件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。