世界の医学誌から 手術危険または不適応な大動脈弁狭窄症 経カテーテル大動脈弁置換術が有用:解説 中等度リスク患者への適応拡大を期待

400円 (税別)

獲得ポイント 4pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】手術リスクの高い大動脈弁狭窄症患者に実施した経カテーテル大動脈弁置換術(TAVR/TAVI)と外科的大動脈弁置換術(SAV)の死亡率は、3年目までの解析ではほぼ同じだった。5年目の解析の結果、TAVRは手術リスクが高い患者については外科手術と同等、さらに手術不能な患者には標準治療よりも有用性が大きいとする論文2本がLancet誌に掲載された。慶應義塾大学医学部の林田健太郎・循環器内科講師は、現在国内で行われているTAVIについて、「非常によい成績を達成しており、中等度リスク患者への適応拡大が期待される」と解説する。

無料立ち読み(2ページ)

カゴに追加 400 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】手術リスクの高い大動脈弁狭窄症患者に実施した経カテーテル大動脈弁置換術(TAVR/TAVI)と外科的大動脈弁置換術(SAV)の死亡率は、3年目までの解析ではほぼ同じだった。5年目の解析の結果、TAVRは手術リスクが高い患者については外科手術と同等、さらに手術不能な患者には標準治療よりも有用性が大きいとする論文2本がLancet誌に掲載された。慶應義塾大学医学部の林田健太郎・循環器内科講師は、現在国内で行われているTAVIについて、「非常によい成績を達成しており、中等度リスク患者への適応拡大が期待される」と解説する。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧15冊の書籍

1~15件/15件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。