【看護カンファレンスガイドブック 運営・実際・評価】 多職種協働によるカンファレンスの必要性と落とし穴 リハビリ病棟におけるカンファレンスを例に

500円 (税別)

獲得ポイント 5pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】はじめに 2000年に回復期リハビリテーション病棟が医療保険に創設された。リハビリテーション(以下,リハ)は,急性期での治療が終了した患者・利用者を対象にしており,これからの生活を再建していくための準備をすることが主たる目的である。そのために多職種が関わり,施設内にとどまらず在宅を視野にいれたケアの提供が必要となった。リハ病棟では多職種協働によるカンファレンスが欠かせない。 筆者は,以前,新設のリハ病院に勤務していた。その施設理念は,「生きていく力を取りもどす地域ケアをめざす」であり,「退院後の生活の維持ができるように支援すること」や「それぞれの技術を高め,互いの専門性を尊重し連携して働くこと」という専門職連携も掲げていた。

無料立ち読み(2ページ)

カゴに追加 500 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】はじめに 2000年に回復期リハビリテーション病棟が医療保険に創設された。リハビリテーション(以下,リハ)は,急性期での治療が終了した患者・利用者を対象にしており,これからの生活を再建していくための準備をすることが主たる目的である。そのために多職種が関わり,施設内にとどまらず在宅を視野にいれたケアの提供が必要となった。リハ病棟では多職種協働によるカンファレンスが欠かせない。 筆者は,以前,新設のリハ病院に勤務していた。その施設理念は,「生きていく力を取りもどす地域ケアをめざす」であり,「退院後の生活の維持ができるように支援すること」や「それぞれの技術を高め,互いの専門性を尊重し連携して働くこと」という専門職連携も掲げていた。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧10冊の書籍

1~10件/10件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。