よく目にするけどわからなかったナースが知りたい!循環器のハナシ 第13回 心筋症についてちゃんと知りたい!

600円 (税別)

獲得ポイント 6pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】心筋症とは,心機能障害を伴う心筋疾患であり,心筋が病的に厚くなるものもあれば,薄くなるもの,硬くなるものも存在する.2008年にヨーロッパ心臓病学会が,心筋症を“心筋に構造的・機能的異常をきたす心筋障害であり,この障害を説明できる冠動脈疾患,高血圧,弁膜症,先天性心疾患を有さないもの”と定義された. 原因や分類にはさまざまなものがあり,心電図異常や息切れ,むくみなどの心不全症状で見つかることが多い.突然死の原因となることもある.なかでも,拡張型心筋症と肥大型心筋症は厚生労働省が定める難病に認定されている.とくに拡張型心筋症は,かつては“心臓のがん”といわれ,2年生存率50%と宣告される時代もあった.今では心不全治療が進歩し,劇的に予後が改善している. 今回は,心筋症のなかでも遭遇する頻度の高い肥大型心筋症と拡張型心筋症にしぼって,やさしく解説する.

※本作品は2018年4月27日で販売を終了いたします。

無料立ち読み(2ページ)

カゴに追加 600 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】心筋症とは,心機能障害を伴う心筋疾患であり,心筋が病的に厚くなるものもあれば,薄くなるもの,硬くなるものも存在する.2008年にヨーロッパ心臓病学会が,心筋症を“心筋に構造的・機能的異常をきたす心筋障害であり,この障害を説明できる冠動脈疾患,高血圧,弁膜症,先天性心疾患を有さないもの”と定義された. 原因や分類にはさまざまなものがあり,心電図異常や息切れ,むくみなどの心不全症状で見つかることが多い.突然死の原因となることもある.なかでも,拡張型心筋症と肥大型心筋症は厚生労働省が定める難病に認定されている.とくに拡張型心筋症は,かつては“心臓のがん”といわれ,2年生存率50%と宣告される時代もあった.今では心不全治療が進歩し,劇的に予後が改善している. 今回は,心筋症のなかでも遭遇する頻度の高い肥大型心筋症と拡張型心筋症にしぼって,やさしく解説する.

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。