書籍の詳細

美術教室の講師・戸張有希が殺害された。犯人はその教室に通う“天使”と呼ばれる少年だった。それから5年後、あさひは有希の弟である伊月と出会う。事件が風化しつつある今でも「天使が犯人ではない」と信じるあさひと「姉の死」の理由を知りたいと願う伊月は、ふたりで事件の真相を探ることを誓う。

総合評価
4.0 レビュー総数:1件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

箱庭のソレイユのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 匿名希望
    ここまで・・・
    サスペンス基盤の恋愛物語で、天使の心に涙してしまいました。話の展開としては面白かったのですが、ラスト近く、真実が分かった時からの流れがバタバタで凄く残念でした。彼女の心をどう癒していったのかと言う話で1本漫画が描けそうなので、第2部的な展開を期待してたんだけどあっさりと終わってしまったのが凄く残念です。でも、ここまで耐えられるものなんだろうかと思った。多分自分がそこまで一途じゃないからなんだろうなって思いもしますが・・・。
    • 参考になった 2
    投稿日:2018年02月15日