【最新刊】パンティストッキングのような空の下 Vol.2

うめざわしゅん

電書バト

ジャンル:青年マンガ

350円 (税別)

4ポイント獲得(1%)

eBookJapan発売日:2016年09月07日

ユーザー評価なし レビューを見る
ユーザー評価なし レビューを見る

パンティストッキングのような空の下 Vol.2の内容

シリーズ書籍一覧 2冊を配信中

パンティストッキングのような空の下 Vol.2の詳細

  • 書籍名: パンティストッキングのような空の下 Vol.2
  • 著者名: うめざわしゅん
  • eBookJapan発売日: 2016年09月07日
  • 出版社: 電書バト
  • 電子書籍のタイプ: 画像型
  • ページ数: 225ページ
  • 立読ページ数: 34ページ
  • ファイルサイズ: 144.6MB
  • 関連ジャンル: 青年マンガ個性派学園
  • 対応デバイス: WindowsMaciPhoneiPadAndroidブラウザ楽読み

書店員のレビュー

一覧を見る

なんでこんな風に生まれついたのかだとか、生きる意味のようなことを考え始めると何もかも虚しくなることがありませんか。私はあります。
この作品は繰り返しその虚しさを突き付けます。何度も何度も、色々なシチュエーションで繰り返し突き付けられる虚しさ。最初はリアルすぎて心がざわざわして、目を背けたくなります。でも読み進めるうちだんだん、なんだ、自分が時々感じるどでかい虚しさは、みんなが抱えているものなのか、と思え始めます。
一巻は性欲や暴力や滑稽さが目立つ話が多いですが、二巻の最終話、「唯一者たち」がとても良いです。
空気は読めないけど天真爛漫な美少女ルイちゃんが放つ「私の人生超すばらしいよ!でも…生まれてこないで済んだならそれが一番良かったな 誰だってそうじゃない?」というセリフ。現実の私たちには引きこもってても訪ねてきてくれるカワイイ幼馴染はいないけれど、そうか、君もそう思うときがあるのか…と勇気づけられます。
けして希望あふれるお話ではないですが、読後感は意外とあたたかく、前向きな物語です。
  • 参考になった 5

オススメ特集

一覧を見る

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。