書籍の詳細

菓子、車、スポーツ……あらゆる商品をヒットさせ、ブームを生み出してきた著者が贈る、池田式マーケティングのすべて横浜DeNAベイスターズの社長・池田純氏によるマーケティング本。オビ推薦文に、中田英寿、堀江貴文、見城徹が登場!恒常的に黒字経営が続く球団は、圧倒的なファン数を抱える読売ジャイアンツと阪神タイガース、そして“身の丈経営”を心がける広島東洋カープだけとも言われています。そんな中、ここ5年で急成長してきた球団・横浜DeNAベイスターズ。2011年から4年間で観客動員数は165%に伸び、日本一となった98年以来の球団最高記録を更新。座席の稼働率は90%を超え、公式ファンクラブの会員数は、約10倍に伸びました。売上高は参入時の約2倍、年間30億円近くあった赤字も、2016年にはついに解消する見込みとまでなっています。次々と変革を起こした立役者は、2011年に社長に就任した池田純氏。池田氏は、赤字、借金まみれの状態から、一体化経営、ファン獲得、球場集客165%アップなど、客数を上げるために次々とアイディアを武器に仕掛けていきました。本書は、池田氏がこれまで仕掛けてきたアイディア、球団のあり方など、ベイスターズ改革の全貌、そして池田式マーケティングの極意である、商品が売れる「空気のつくり方」を1冊にまとめたものです。球団改革の“空気”はいかにして生まれたのか。実例と、ビジュアルでご覧いただけます。

まだユーザーレビューはありません。最初のレビューを書いてみませんか?

空気のつくり方のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 5年連続最下位でも、ハマスタが連日満員だった理由
    プロ野球球団・横浜DeNAベイスターズはリーグ3位の成績で2016年シーズンを終え、球団史上初のクライマックスシリーズ進出を決めた。同チームは2006年から10年連続Bクラス(リーグ4位から6位)と低迷していた。それにも関わらず近年は横浜スタジアムでのホーム試合の観客動員数が驚異的な伸びを記録している。本書の著者は、2011年に横浜DeNAベイスターズ初代社長に就任し、チームをここまでの人気球団に育て上げた立役者である。本書では、球団の成功要因を「空気をつくることができた」ことであるとし、空気のつくり方や、そのためのセンスの磨き方、空気をマーケティングやブランディングに生かす方法などについて、自らのベイスターズにおける実践例を挙げながら詳しく解説している。
    書籍ダイジェストサービス「SERENDIP」詳細はこちら
    投稿日:2016年10月28日