書籍の詳細

罹患すると性別を問わず患者自身に好意を持つ者に対して性的興奮を誘発させる原因不明のアレルギー「フェロモン症」。その症状は相手に対する好意の強さに比例する。オフィスデリの店員の性的視線に怯える堅物サラリーマン、「フェロモン症」を利用し女とヤリまくるヤリちん男子、自ら「フェロモン症」の治験者となり特効薬を開発する研究者達など、奇病が巻き起こす激情とエロス(&ラブ?)をコミカルに描いたハイテンション・オムニバス!!貞操には十分ご注意ください。★単行本カバー下イラスト収録★ 【電子限定でコミックス未収録の2ページ漫画が収録されています。】

総合評価
4.7 レビュー総数:3件
評価内訳

ドラッグレス・セックス【電子限定特典付き】のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 雄感すごい
    女子みたいな受とか出てこないから好きな作家さんです。体のラインとか、こう…中に肉がみっしりつまった感じのする絵柄が好きです。設定も面白く、エロに重きを置いてるのにキャラたちの気持ちの変化がよくわかってて、萌えポイント満載、読んでてすっきり!でした。表題作以外も安定の面白さでした。あと、あとがきがなんかかわいいです。
    • 参考になった 7
    投稿日:2016年10月28日
  • ネタバレあり
    あへ顔が強烈です
    表題は、好きな人にだけ反応するフェロモン症。この発病患者たちの匂いに性的興奮を抑えられずに、激しく求めあいます。
    結構ヤリっぱなしです。後書きに「ヤバイくらいにアダルトとは...」何か?と言う問いに、「あへ顔」と言う結論で今回あへ顔が強烈です😅
    個人的には「駄目な男」が一番好きです。只々尽くされても当たり前のように生活してきた男が、妻に愛想尽かされて、お隣のゲイ男に慰められ絆されていくお話です。
    そして「好きにしたいよ」は病み系です。完全にイッてます。
    絵は相変わらずお上手で、ちゃんと男どうしなのが良かったです
    • 参考になった 4
    投稿日:2016年09月15日
  • 好きにしなよ。
    短編集。表題作は3CP。内、一組は作中内でリバ有り。最初のCPは巻末にも続きで登場。《ダメな男》と《好きにしたいよ》収録。表題作は二組目の戌井と辰見CPが良い。調教されていく辰見が楽しみ。《好きにしたいよ》は年下執着の真澄と変態ストーカー藤生の話。実家が隣同士で藤生は真澄が赤ちゃんの頃に一目惚れ。以来、愛し続け現在に至る。真澄の全てが愛しい藤生の器のデカさに感動する。…どの作品もアイラインの濃い、目力強めなイケメンが獣Hを披露している。白抜きも、形抜きなので許容範囲。表題作は今後も様々なCPで描いていただけたらと、願い奉ります。是非共。
    • 参考になった 1
    投稿日:2016年09月15日