書籍の詳細

つらい結婚という過去をもつダヴィーナは、家政婦として南の島を訪れた。すると現れた雇い主スティーブは想像とは違い、美しく若い大富豪だった。彼はダヴィーナを見つけると、いきなり失礼な言葉を投げつけ罵りはじめた。なんて横柄な男性なの? 自分をこの島の王様だとでも思っているのね! でも、きっと女性ならば誰もが彼の魅力に逆らえず、好きになってしまうに違いない。もう恋はこりごりなのに、私は横柄で魅力的な男性を前に恋せずにいられるのかしら?

総合評価
2.0 レビュー総数:1件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

いばらの冠のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • ネタバレあり
    内容が粗い感じ
    クライマックス寸前までは良かったんだけどな~。
    ダヴィーナとスティーブの間で少しずつ愛が育って、
    絆が深まっていって。
    姑や義姉、その娘とも仲良くなって。
    ところがクライマックスで畳み掛けるように
    バタバタっと問題が簡単にあっけなく片づいてしまって、
    ゴールイン!
    残念(つω・`)
    • 参考になった 0
    投稿日:2016年09月10日