書籍の詳細

【合体版限定! 特別読切漫画付き】「めちゃくちゃあやしい。でも、魅力的。」その教師が出会ったのは、猟奇殺人者――。ゲイである教師・創(はじめ)は、保護者から苦情が入ったという理由で、校長から「休み」を言い渡される。その帰りにすれ違った男に「どこか休める場所」を尋ねられ、とっさに、自分の家を提案し、男を部屋に招きいれるが――。合体版には限定特典として、同人誌で発行された特別読切漫画『戦争は平和』がついてくる!※この作品は、同人誌『皿の上の明くる日。』『皿の上の明くる日のつづきでおしまい。』を1冊にまとめたものです。※本商品は1冊に全巻を収録した合本形式での配信となります。あらかじめご了承ください。

総合評価
2.0 レビュー総数:1件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

【合本版】皿の上の明くる日。のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 匿名希望
    魅かれるものがない訳ではないけれど
    プロットは興味深いし絵も上手いとはいえないものの作風に合っていて味があるし全体的には魅力がない訳ではないのだけど、言葉遣いが直観的過ぎて詩的なつもりかもしれないけど吟味不足?何となく言いたいことは解るものの伝わりづらい。意識高い系だけど言葉がついて来てない感じ。このページ数ではちょっと高い。
    • 参考になった 0
    投稿日:2016年10月14日