中東・エネルギー・地政学―全体知への体験的接近

2000円 (税別)

獲得ポイント 20pt (1%還元)

三井物産に入社して以来、イランでのIJPCプロジェクトをきっかけに中東、アメリカを中心に欧州など、世界と深く深くかかわってきた著者が、自身の過去を語りつつ、いま世界で何がおきているかを整理する。戦後、海外派兵をしなくなった日本で、ピーク時は3500人もの邦人がイランで働いていた三井物産のIJPCプロジェクト。イラン革命、イラン・イラク戦争の荒波に翻弄され、そのとき世界で何が起きているのかを現地で調査するところから、寺島氏の情報収集活動が始まった――。 そうして形成されたインテリジェンスが、現在の知的活動を支えている。寺島氏の経験を追体験することで、エネルギー面で見た戦後日本の歴史と、これからの日本のエネルギー政策、中東との関わりがどうあるべきか、気づきを得られる。宗教対立、グローバル・ジハード、エネルギーとしての原子力、アメリカの外交政策など、現代を動かす重要な要素のそれぞれがどう絡み合っているかを読み解いていく。21世紀の経済社会を生きる人へ、現場からのインテリジェンスに基づいた世界認識を示す。

カゴに追加 2000 円(税別)

三井物産に入社して以来、イランでのIJPCプロジェクトをきっかけに中東、アメリカを中心に欧州など、世界と深く深くかかわってきた著者が、自身の過去を語りつつ、いま世界で何がおきているかを整理する。戦後、海外派兵をしなくなった日本で、ピーク時は3500人もの邦人がイランで働いていた三井物産のIJPCプロジェクト。イラン革命、イラン・イラク戦争の荒波に翻弄され、そのとき世界で何が起きているのかを現地で調査するところから、寺島氏の情報収集活動が始まった――。 そうして形成されたインテリジェンスが、現在の知的活動を支えている。寺島氏の経験を追体験することで、エネルギー面で見た戦後日本の歴史と、これからの日本のエネルギー政策、中東との関わりがどうあるべきか、気づきを得られる。宗教対立、グローバル・ジハード、エネルギーとしての原子力、アメリカの外交政策など、現代を動かす重要な要素のそれぞれがどう絡み合っているかを読み解いていく。21世紀の経済社会を生きる人へ、現場からのインテリジェンスに基づいた世界認識を示す。

  • 紙と同時
レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細
  • 書籍名: 中東・エネルギー・地政学―全体知への体験的接近
  • 著者名: 著:寺島実郎
  • eBookJapan発売日: 2016年08月26日
  • 出版社: 東洋経済新報社
  • 電子書籍のタイプ: リフロー型
  • ファイルサイズ: 5.1MB
  • 関連ジャンル: 専門書 政治・経済
  • 対応デバイス: WindowsMaciPhoneiPadAndroidブラウザ楽読み

書籍一覧1冊の書籍

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。