書籍の詳細

明虎のマンションに匿われた櫓木。そこにやってきたのは明虎の妻・麻巳(あさみ)だった。一触触発の空気の中浅生田が辰之をあやし、麻巳は櫓木に語りかける――。

総合評価
5.0 レビュー総数:1件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

ジェラシーのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • ストーリーも絵もしっかりしています
    「みのりの手」「四代目大和辰之」のスピンオフです。この2作を先に読んだほうが内容がよく理解できるかと思います。「四代目···」を読んだときから非常に気になっていた三代目と櫓木のお話です。この方の作品は攻めがカッコかわいく、受けがカッコいいです。そしてとても色気がありエロいです。とても謎めいた櫓木の過去がどのように明かされていくのか本当に楽しみです。四代目にした仕打ちを考えると、あまり好きなキャラではありませんが、1話目、拾ってきた男とどのようになるのか興味深く終わっています。早く続きが読みたいです
    • 参考になった 9
    投稿日:2016年09月03日